NMB48“期待の14歳新星”山本彩加、テレビ初歌唱でいきなりセンター

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ初歌唱にしてセンターの大役を務めたNMB48山本彩加 (C)NMB48

 人気アイドルグループ・NMB48が17日、読売テレビ・日本テレビ系音楽特番『ベストヒット歌謡祭2016』(後7:00)に出演。8月にグループを卒業した渡辺美優紀が単独センターを務めた「僕はいない」を披露し、渡辺に代わって14歳の“期待の新星”山本彩加(やまもとあやか 以下、彩加)がテレビ初歌唱にしてセンターの大役を務めあげた。

【別カット】期待の新星・NMB48の山本彩加

 メンバーの山本彩(以下、山本)が「100回練習したと言っていた」と明かすほど並々ならぬプレッシャーのなか本番に臨んだ彩加は、冒頭から緊張気味にソロパートを披露すると、山本や白間美瑠ら人気メンバーを率いて堂々とパフォーマンス。この日はAKB48、乃木坂46、今年デビューした欅坂46とともにスペシャルメドレーを展開し、最後はAKB48の新曲「ハイテンション」をノリノリで盛り上げた。

 歌唱後、司会の宮根誠司からコメントを求められた彩加は「すごい緊張しました。毎年テレビで観ていた『ベストヒット歌謡祭』に実際に出させていただいて夢のようでうれしいです!」と笑顔を弾けさせ、隣にいた乃木坂の橋本奈々未(23)は「10歳くらい離れてる女の子のキラキラ感に圧倒されてます」と目を丸くしていた。

 年末の音楽特番で唯一の関西発番組は、大阪・フェスティバルホールから生放送。司会は宮根、ウエンツ瑛士、西山茉希。アーティストによるステージのみならず、今年あった出来事を振り返り、2016年を総決算する。