AKBにNMB、乃木坂、欅坂もアゲアゲ! 4組コラボで「ハイテンション」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
AKB48が島崎遥香センターの「ハイテンション」を披露(写真はミュージックビデオより)

 人気アイドルグループ・AKB48が、読売テレビ・日本テレビ系で生放送中の音楽特番『ベストヒット歌謡祭2016』(後7:00~9:00)で新曲「ハイテンション」(16日発売)を披露。NMB48、乃木坂46、欅坂46の3組も加わってのパフォーマンスで、会場の大阪・フェスティバルホールを盛り上げた。

【MV場面写真集】遠藤憲一もAKBメンバーもアゲアゲで踊り狂う!

 AKB48通算46枚目のシングルのセンターを務めるのは、年内をもってグループからの卒業を発表している島崎遥香。欅坂46、NMB48、乃木坂46のパフォーマンスに続き、島崎が「ミュージック、スタート!」と指を鳴らすと、「塩対応」のパブリックイメージやシャイな性格とは真逆のアゲアゲナンバーを歌って踊り、最後のサビでは地元・大阪を拠点とするNMB48、おとなしいイメージの乃木坂46と欅坂46もペンライトを手に加勢し、ノリノリで飛び跳ねた。

 歌い終えた島崎は司会の宮根誠司から感想を求められると、息を切らしながら「いつもテレビで観ている宮根さんに会えてうれしいです」とリップサービス(?)。宮根は「ありがとう、塩対応じゃなかったんだね。徳光さんだけだったんだ、塩対応は」と喜んでいた。

 なお、同曲は店着日の11/15付オリコンデイリーシングルランキングで112.0万枚を売り上げ、今作もミリオンを突破。AKB48の「初日ミリオン」達成は14作目となる。週間ランキングは22日に発表される。