『第58回レコード大賞』候補10作品決定 宇多田、AKB48、桐谷健太ら

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
年末恒例の『第56回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)のノミネートおよび各賞が発表 (C)TBS

 年末恒例の『第58回日本レコード大賞』(主催:日本作曲家協会)のノミネートおよび各賞が18日、発表された。大賞候補となる優秀作品賞には宇多田ヒカルの「花束を君に」(NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌)や、AKB48による「365日の紙飛行機」(NHK連続テレビ小説『あさが来た』主題歌)、au人気CM『三太郎シリーズ』で桐谷健太扮する浦島太郎の「海の声」など10作品が候補にあがった。

ピコ太郎「PPAP」は特別話題賞に

 優秀作品にはほかに西野カナ「あなたの好きなところ」、坂本冬美「女は抱かれて鮎になる」、きゃりーぱみゅぱみゅ「最&高」、AAA「涙のない世界」、西内まりや「BELIEVE」、氷川きよし「みれん心」、いきものがかり「ラストシーン」。

 最優秀新人賞の候補となる新人賞は、韓国発の男性7人組ヒップホップアイドルグループ・iKON、デビューシングル「あいたい」が「泣ける」と話題を呼んでいる林部智史、巫女(みこ)出身の演歌歌手・羽山みずき、東海地区在住の10人からなる男性ユニット・BOYS AND MENが選出された。

 最優秀アルバム賞には宇多田ヒカルの8年ぶりの新作『Fantome』、優秀アルバム賞は星野源『YELLOW DANCER』、スピッツ『醒めない』、back number『シャンデリア』、葉加瀬太郎『JOY OF LIFE』。

 特別話題賞には大ブレイク中のピコ太郎『PPAP』、特別賞には『君の名は。』(RADWIMPS)、THE YELLOW MONKEY、『シン・ゴジラ』(鷺巣詩郎・伊福部昭)、BIGBANG。企画賞はお笑いコンビ・オリエンタルラジオらによるRADIO FISHの『PERFECT HUMAN』や松本一起(作詩)、伊勢正三(音楽)プロデュースで南こうせつやイルカらが参加した『あからんくん』など今年の音楽シーンを代表する面々が受賞した。

 今年7月に亡くなったラジオパーソナリティー・永六輔さんやザ・ピーナッツの伊藤ユミさん、ダークダックスの喜早哲さん、佐々木行さん、作曲家の冨田勲さんらには特別功労賞が贈られる。

 「日本レコード大賞」および「最優秀新人賞」の発表、各賞授賞の模様は12月30日、東京・新国立劇場からTBS系で午後5時30分より生放送。そのほかの受賞者&作品は下記のとおり。

【日本作曲家協会選奨】
城之内早苗
山川豊

【最優秀歌唱賞】
鈴木雅之

【特別栄誉賞】
船村徹

【作曲賞】
岡千秋、「命の恋」(神野美伽)

【作詩賞】
原文彦、「秋恋歌」(香西かおり)

【編曲賞】
SEKAI NO OWARI、「Hey Ho」(SEKAI NO OWARI)

【企画賞】
『あからんくん』(プロデュース:松本一起(作詩)、伊勢正三(音楽)、南こうせつ・イルカ・池田聡・太田裕美・大野真澄・我那覇美奈・しなまゆ・名倉七海ほか)、『1936~your songs~』(山崎育三郎)、『顧みて』(永井龍雲)、『ザ・ピーナッツ トリビュート・ソングス』(相田翔子・石川ひとみ・岩崎宏美・植村花菜・太田裕美・華原朋美・島谷ひとみ・鈴木亜美・谷山浩子・中川翔子・夏川りみ・平野綾・FUNK THE PEANUTS(吉田美和・浦嶋りんこ)・藤本美貴・マルシア・misono・ももいろクローバーZ(百田夏菜子・玉井詩織)・森口博子・森高千里・矢井田瞳・Littele Glee Monster(アサヒ・manaka)、『Sugar Cane Cable Network』(BEGIN)、『スナック JUJU ~夜のRequest~』『六本木心中/ラヴ・イズ・オーヴァー』(JUJU)、『長編歌謡浪曲 無法松の恋~松五郎と吉岡夫人~』(中村美律子)、『トゥ・ヤング』(雪村いづみ with 美空ひばり・江利チエミ)、『東京恋文』(蘭華)、『PERFECT HUMAN』(RADIO FISH)、『未樹の歌の旅…』(松川未樹)

【功労賞】
斉藤功、志賀大介、水前寺清子、千昌夫、馬飼野俊一
(※50音順)