葵わかな、ホラー映画撮影にこりごり「すごく怖かった」 舞台挨拶中にトラブルも

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ホラー映画撮影にこりごりしたという葵わかな (C)ORICON NewS inc.

 女優の葵わかな(18)が18日、東京・神保町花月で行われた初主演映画『ホラーの天使』(26日公開)の舞台挨拶に登壇。撮影時のエピソードとして、元病院の建物で周りにスタッフがいない状態で、自身でカメラを回すシーンを振り返った葵は「スタッフも私たちから見えなかった。肝試ししているかのようで本当に怖かった」と恐怖体験を語った。

【写真】再現度高い!若手芸人がゾンビの特殊メイクで登場

 撮影中に急に背中が重くなったというNMN48の矢倉楓子(19)も「帰ってからも寒気が止まらなかった」と恐怖体験を告白。この日は、霊感があるというお笑い芸人のガリガリガリクソン、シークエンスはやともが心霊体験を話すと、取材陣のカメラマンのシャッターが突然鳴り止まなくなるなど、会場は異様な雰囲気に包まれた。

 異様な雰囲気の中、会場が暗転したと同時に、ゾンビの特殊メイクを施したお笑いコンビ・御茶ノ水男子のしいはしジャスタウェイが登場すると、会場は悲鳴に包まれ、矢倉は思わず腰を抜かしていた。

 同作は、現在はスタジオとして使用されている廃校が舞台のホラー映画。イジメで地下室に閉じ込められ、そのまま行方不明になったという女子生徒の事件をきっかけに“アザミの呪い”と呼ばれる様々な怪奇現象に、女優・アイドル・芸人の3組が巻き込まれていく。

 舞台挨拶にはそのほか、長江俊和監督が出席した。