桑田佳祐新曲MV主演は広末涼子 史上初の"歌謡"サスペンス!?

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
桑田佳祐の新曲「悪戯されて」MV主演は広末涼子

 ミュージシャン・桑田佳祐の新曲「悪戯されて」のミュージックビデオ(MV)の主演を女優・広末涼子が務めたことが17日、わかった。1970年代のサスペンスドラマ仕立てとなったMVの主人公を演じた広末は「オファーをいただいて、わくわくしました。桑田さんの世界観は昔から大ファンで大好きなので」と喜んだ。

 昭和の歌謡曲テイスト満載の楽曲とあり、桑田本人が「(当時を感じさせる)松本清張原作のドラマや映画の予告編のようなビデオにしてみたい」と提案。「せっかくやるならば、日本を代表するような女優の方に出ていただこう」となり、松本氏原作の映画『ゼロの焦点』(2009年)の主演を務めた広末に白羽の矢が立てられた。

 MVのストーリーは「悪戯されて」の歌詞をベースにし、新たに創作。広末演じるクラブのホステス秀子が、男女の愛憎が渦巻く中、自分に課せられた運命を背負う。1970年代のサスペンス劇場さながらのドラマを、タキシードを着た桑田が歌謡ショーのごとく歌い上げて盛り上げ、史上初の「歌謡サスペンス」劇場が繰り広げられる。

 主演の広末は「『悪戯されて』は"THE 歌謡曲"という感じの曲で。桑田さんの歌っている映像も70年代の世界観を出されていて、歌詞の世界観もなんとも言えない切ない感じでいて、でも客観的にとらえているストーリー性のある歌ということで、とても沁みました」とコメントした。

 同曲は、桑田が自身のルーツである歌謡曲の中から「東京」をテーマにした楽曲ばかりを集めてカバーした映像作品『THE ROOTS ~偉大なる歌謡曲に感謝~』(30日発売)に収録。ニューシングル「君への手紙」(23日発売)のカップリングとしても収められる。

■「悪戯されて(歌謡サスペンスビデオver.)+映像作品『THE ROOTS』トレーラー」
https://youtu.be/wKnSBfNL15w