高橋真麻アナに破局危機? ナイナイ岡村の助言に救われる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
11月19日放送、関西テレビ『おかべろ』に高橋真麻がゲスト出演(C)関西テレビ

 フリーアナウンサーの高橋真麻が19日放送の関西テレビ『おかべろ』(毎週土曜 後2:24~2:54※関西ローカル)にゲスト出演。収録日の前日、うわさの彼氏とけんかしたそうで、本番では「本当は馴れ初めとか相手のことを話すつもりだったのに、(放送される頃には)元カレの話になっちゃうかも...」と緊張感が漂った。

【収録中の写真】亮が真麻に一曲おねだりすると...

 『おかべろ』は、岡村隆史(ナインティナイン)のカンテレ初レギュラー番組。テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村と店主・田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から"ここだけ"の話を引き出すシチュエーショントークバラエティー。

 今回、マネジャーと共に店を訪れた真麻。一般男性と交際中であることを公言し、テレビなどでラブラブぶりを明かしていただけに、「ええ感じなん?」「今は順調?」などと話しかけ、のろけエピソードを期待していた岡村と亮。ところが、真麻は「きのうまでは...」と複雑な表情を見せたのだ。

 まさかの答えに「何があったん!?」と2人は仰天。「原因は?」「さわりだけ教えて!」と質問攻めに。価値観の違いが原因で大きなけんかをしたという真麻に、岡村が「お父さんもいるし、真麻の彼氏はそれなりの覚悟やで」と仲直りを促すと、亮も同意。徐々に真麻も「謝ったら許してくれるかな?」と気を取り直していく。

 3年前にフジテレビを退社し、現在はフリーとして活躍する真麻だが、「取れ高を出さないと次に呼ばれない」と芸能界の厳しさも実感しているという。この日は自身の"破局危機"で取れ高は十分。亮のリクエストを受けて、自慢の美声も披露する。

 ほかにも、岡村が自身の恋愛観を大胆告白。「唇と唇が触れるだけで...あんなステキな感覚ない!」と、岡村がなぜかキスについて熱弁をふるう。間寛平と村上ショージがレポーターを務めるコーナー「秘伝ハンター!隠し味を探し出せ!」(VTR)では、大阪・谷町4丁目にある、行列ができるほど人気のカレーバーへ。大阪のスパイスカレーとスリランカカレーを融合したという珍しいカレーは、なぜかまろやかな風味。その隠し味を聞いた寛平は、驚き具合をギャグで表現する。