松坂桃李主演『視覚探偵 日暮旅人』、1月期に連ドラ化

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2017年1月期、日本テレビ系日曜ドラマ枠で『視覚探偵 日暮旅人』連続ドラマ化。主演・松坂桃李ほか キャスト発表(C)日本テレビ

 俳優の松坂桃李が主演し、昨年11月に単発ドラマとして日本テレビ系で放送された『視覚探偵 日暮旅人』が、来年1月期の日曜ドラマ枠(毎週日曜 後10:30)に連続ドラマとして帰ってくる。松坂は「うれしすぎます。最高にワクワクします。すてきな作品をお届けできるように全力で臨みたいと思います」とやる気をみなぎらせた。

前作のキービジュアルとの違いは?

 山口幸三郎氏の『探偵・日暮旅人』シリーズ(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)が原作。五感のうち4つの感覚(聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を失った男、日暮旅人(松坂)が、唯一残った研ぎ澄まされた視覚を駆使し、物を、人を、そして愛を探すヒューマン・ミステリー。

 『金曜ロードSHOW!』枠で放送された前作は、初めてのドラマ化ながら、番組平均視聴率13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。放送後、続編を望む声や、ラストで残された謎を明らかにしてほしいという要望も多数寄せられたという。

 匂いや感情を視覚として捉える旅人の主観を、最新のCG技術を駆使して表現するのは、昨年、『天空の蜂』『イニシエーション・ラブ』で報知映画賞監督賞を受賞した堤幸彦監督。『金田一少年の事件簿』、『TRICK』、『SPEC』、そして『真田十勇士』など、数々のドラマや映画を手掛けてきた堤監督が、スペシャルドラマに続いて演出を担当する。脚本は前作と同じ演劇界出身の異才、福原充則氏が執筆。

 旅人の相棒、ユキジこと雪路雅彦役に濱田岳、血のつながらない娘の灯衣(てい)役に子役の住田萌乃、灯衣が通う保育園の保育士・山川陽子役に多部未華子、旅人の主治医・榎木渡役に北大路欣也が出演。彼・彼女らの絆は、事件を解決する度に、天涯孤独だった旅人の冷えた心を、あたかも家族の様な温もりで溶かしていく。

 また、連ドラならではの新機軸として、スペシャルドラマのラストで描かれた“ブラック旅人”は何を意味していたのかが明らかになる。20年前、旅人を襲った悲劇とは? 旅人は探し物探偵をしながら本当は何をしようとしているのか? 回を追うごとにドラマは不穏な空気を帯びていく。

 松坂は「前回のスペシャルでは、描ききれなかった、旅人の過去、灯衣や雪路、陽子先生との因縁めいた関わりを通じて、変化していく旅人の姿をじっくりお届けします」。多部も「前回のスペシャルドラマでフワッと終わっていた旅人と陽子の関係性やさまざまな謎が解き明かされていくのがいまから楽しみ」と期待を膨らませた。