瀬戸康史、NHK連続ドラマ初主演 草刈正雄は『真田丸』後、初ドラマ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1月10日スタート、NHK・BSプレミアム『幕末グルメ ブシメシ!』瀬戸康史が主演、草刈正雄も出演

 俳優の瀬戸康史が、NHK・BSプレミアムで来年1月10日より放送開始される連続ドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』(毎週火曜 後11:15~11:44、全8回)に主演することが18日、明らかになった。瀬戸は同局の連続ドラマ初主演。共演者には、大河ドラマ『真田丸』で真田昌幸を好演した草刈正雄と娘の麻有の名も挙がっている。

『真田丸』昌幸の雄姿をもう一度

 グルメ漫画の第一人者として知られる土山しげる氏による『勤番グルメ ブシメシ!』(リイド社)が原作。時は幕末、ところは江戸。参勤交代で江戸に単身赴任中の気の弱い勤番武士・酒田伴四郎(瀬戸)が主人公。

 寂しい単身生活を送る伴四郎だったが、叔父・平三が出世のために殿に献上した干物を巡り、騒動がぼっ発。事態収拾のため、なぜか伴四郎が殿のために料理を作ることになる。料理などからきしダメな伴四郎だったが、そのピンチを救ったのは、愛する妻が荷籠に忍ばせた"献立"だった。以来、殿や同輩、町娘、はては相撲取りにまで頼られて...、伴四郎が包丁片手に周囲の人々の悩みごとを解決する1話完結の"ほのぼの時代劇"。

 本作で殿を演じるのは草刈正雄。『真田丸』以来のドラマ出演となる。麻有との親子共演も話題を呼びそう。伴四郎の妻役に三吉彩花、殿の正室・千代役に戸田恵子、伴四郎の叔父・平三役に平田満ほか、田中圭、酒井若菜、徳井優らが出演。幕末グルメがどのように映像化されるのか、注目される。