のん、改名後の心境変化なし「どっちもどっち」 クドカン大河オファーは否定

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
改名後の心境を明かした、のん (C)ORICON NewS inc.

 能年玲奈から改名した女優・のん(23)が20日、都内で行われたクリエイターデビュー&アートグッズお披露目イベントに出席し、囲み取材に応じた。現在、芸名を変えて活動しているが、改名後の心境の変化は「ない。頑張っていこうと気合は入りましたけど」と素直に語り、「どっちの名前がよかった?」と聞かれると「どっちもどっち」と話した。

【写真】「黄色いワンピースのワルイちゃん」グッズを紹介

 アニメーション映画『この世界の片隅に』(公開中)で主人公の声を担当するなど、改名後の活動も目立っている、のん。そんな中、かつてNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』でタッグを組んだ、宮藤官九郎が2019年の大河ドラマの脚本を担当することが決定。ヒロインにのんを待望する声も早くもあがっている。

 大河について聞かれると「(宮藤が脚本を)やられると聞いて、おもしろそうだと思った。観たいと思う」と期待したが、自身の出演について問われると「出たいか? うーん、どうなんだろう…?」と首を傾げ、にごして明言しなかった。すでにオファーはあるのかとの声には「いやいやいや」と否定。それでも「自分は役者を一生やっていくつもりなので、どんどん女優の仕事をやっていきます」とファンに向けて宣言した。

 この日、キャラクターショップ「キデイランド原宿」にて、自身が考案したオリジナルキャラクター“黄色いワンピースのワルイちゃん”を使用したグッズ販売が開始。同キャラは9月にLINEスタンプにもなったが、今回はTシャツ、トートバッグ、マグカップ、スマホケースなど様々なグッズが登場する。

 幼稚園の頃から描くのが好きだったというのんは「めちゃくちゃうれしいです。描いている時はどんなふうになるのかドキドキしていた。形になるっていうのは面白いですね」と感無量。今後も創作活動にも力を入れる方針で「女優兼創作アーティストの第一歩」と喜んだ。