【直虎】寺田心、大河初出演 菅田将暉=井伊直政の子ども時代

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1月8日スタート、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』井伊直政の子役に起用された寺田心

 子役の寺田心(8)が、来年1月8日スタートのNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に、井伊虎松(いい・とらまつ)役で出演することが明らかになった。虎松は、直親(三浦春馬)の嫡男で、父亡き後、後見人となった直虎(柴咲コウ)に育てられる。のちの井伊直政(菅田将暉)。大河ドラマは初出演となる。

CMで桃太郎の子ども時代を演じる寺田心

 ほかにも、女優の山口紗弥加、お笑い芸人・光浦靖子(オアシズ)、サントリー「伊右衛門 特茶」シリーズのナレーションをはじめ声優・俳優として活動する田中美央、子役からドラマ・映画に出演する矢本悠馬の出演が発表された。矢本以外は大河ドラマ初出演。

 山口は、直親の妻・しの(貫地谷しほり)の妹、なつ。光浦は、しのと虎松の面倒をみることになるあやめ。田中は、井伊一門で直政を支える奥山六左衛門(でんでんが演じる奥山朝利の息子)、矢本は、直虎が城主となることを認めようとしない井伊家家臣・中野直之(なかの なおゆき)を演じる。