知って得する【自動車保険】 人身傷害補償の「保険料」3つの節約術

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
自動車保険「人身傷害補償」の保険料をおさえる方法を3つ紹介

 運転者や搭乗者が事故で身体に損害を受けた場合に補償する「人身傷害補償保険」。非常に頼もしいものだが、保険料が高いのがネックだ。だが、一工夫すれば保険料はおさえられる。その方法を紹介しよう。

"自賠責保険"と補償が似ている!? "対人賠償保険"に加入する必要性とは?

■人身傷害補償保険のメリット&デメリット

 人身傷害補償保険の保険金は、3000万円~が一般的。とはいえ、5000万円や8000万円、1億円、無制限などと契約者が選択することもできる。

 この保険が優れているのは、まず【過失割合に関係なく保険金の範囲内で損害に対して全額支払われる】という点だ。交通事故には、単独事故から車同士の事故、歩行者を巻き込む事故など、様々なケースがある。だが、この保険に加入していれば、基本的にはケースを問わず、自分の過失が5でも10でも損害に対する保険金は受け取れる。

 また、【示談交渉を待たずに保険金が支払われる】という点もポイント。例えば車同士の事故で裁判に発展した際、相手から保険金の支払いを受けるには、過失割合が決定している必要がある。だが人身傷害補償保険なら、過失を問わず保険金を受け取れるのだ。

 ただし、保険金額を5000万円にしていて、損害が1億円の場合、上限の5000万円までしか支払われないことは頭に入れておこう。

 なかには、歩行中やバス、自転車など【契約車両に搭乗中以外に交通事故に遭った場合も補償する】というタイプもある。事故相手が保険未加入、または当て逃げといったケースでも適用でき、かなり頼もしい。同居親族や別居の未婚の子どもについてもカバーできるので、加入のメリットは大きいはずだ。

 だが、その分、保険料は高い。保険会社のWebサイトや見積もりサイトなどで実際に比較してみるとわかるだろう。

■保険料をおさえる方法

 人身傷害補償保険の保険料をおさえる方法としては、次の3つが挙げられる。

(1)搭乗者傷害保険を外す
(2)保険金を下げる
(3)搭乗中以外の補償をなくす

 ひとつずつ解説していこう。まず(1)についてだが、実は人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険は、補償の内容が重複する。外せるかどうかは保険会社によるが、搭乗者傷害保険を外せばトータルの保険料は下げられる。

 (2)は、人身傷害補償保険の設定保険金額を下げるということ。その分、保険料はおさえられる。とはいえ、下げ過ぎてしまわないよう注意したい。

 (3)は、上述した歩行中などの補償をなくすということだ。家族が多い家庭ではおすすめしないが、一人暮らしやほかの傷害保険に加入している場合は考えてみてもいいだろう。

 いずれにしても、いざというときに安心できる内容にしておくことを前提に検討しよう。

(文/西村有樹)