モデル・大桑マイミが語る"大人のヘルシーな身体"とは

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
求めるのは今の自分にベストなボディバランス、と語るモデルの大桑マイミさん (C)oricon ME inc.

 「産後に仕事復帰して撮影した写真を見たら、うしろ姿がおばさんっぽくて(笑)。それはさすがにプロとしてNGなのであわててシェイプしましたが、正直、若い頃の身体とまったく同じにはなれません」。そう笑いながら話すのは、雑誌『VERY』(光文社)などで活躍している、モデルの大桑マイミ(36)。若い頃とは違う、大人になった今だからこそ目指したい"大人のヘルシーな身体"があるという。

<写真>ヒップアップ&ストレス解消に大桑がオススメするヨガポーズ

 2014年12月に出産し、ママモデルとして活躍している大桑。「30代になると、バストやヒップなどお肉がつくところが若い頃とは違うし、妊娠・出産で骨格すらも変わりました」と体型変化を振り返り、「でも、大人っぽいシルエットの洋服は若い身体ではしっくりこない。やはり年齢に応じた美しいボディでいることで、素敵に着こなせるんだなと思っています」とつなげる。

 若さを追い求めるのではなく、今の自分にベストなボディバランス。「理想とするのは、ただ細いのではなく、少しふくよかなラインの中にメリハリを感じさせるボディ。無理なく続けられるエクササイズでヘルシーな身体を維持していきたいと思っています」。年齢を重ね、そんな自分を受け入れることで生まれた心の余裕が、大桑の美しさを引き立てるのかもしれない。