Chara、紆余曲折の25周年「つらい時期も歌い続けた」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
デビュー25周年を迎えたChar

 デビュー25周年を迎えた歌手のCharaが、初のオールタイムベストアルバム『Naked&Sweet』を発売。常に第一線で活躍し、唯一無二のウィスパーボイスで多くの人を虜にしてきた唯一無二の歌声の誕生秘話、母としての想いについて語った。

【写真】Charaと娘のSUMIREが初共演

◆「歌、下手だなー」って思うことはある

――映画『スワロウテイル』ではYEN TOWN BANDの名曲「Swallowtail Batterfly~あいのうた~」も生まれましたが。ソロとバンドの活動は違いましたか?
【Chara】 まったく違いました。バンドのときも自分の意見を言うし、曲も書いたりしているけど、YEN TOWN BANDは小林武史さんっていうサウンドプロデューサーがいて作詞作曲もしてくれますからね。そんなのが2人いると楽しいですよ、やっぱり。

――このときは映画にも出演して強烈な存在感を放っていましたが、女優業の印象は?
【Chara】 昔すぎてあまり覚えてないけど、本当の女優さんならあんなとぼけたセリフの言い方はしないんだろうなと(笑)。でも、愛を歌うっていう意味で共通点は十分あったのと、ライブとはまた違うチーム感を体験してすごくパワーをもらいました。だからこの頃は無敵感があったのを覚えている。その分、ここぞとばかりに働かせられたって記憶もあるけど(笑)。

――音楽を辞めたいと思ったことはないんですか?
【Chara】 辞めたいはないけど、「歌、下手だなー」って思うことはある。「あれ、ちょっとおかしいゾ、待って」みたいな(笑)。元々、私は歌うたいになるためじゃなく、曲を作るのが好きで音楽を始めたんです。どっちかというと裏方というか。楽器の演奏とか作曲することが好きで、サウンドプロデューサーに憧れていたから、自分が真ん中で歌うと思っていなかった。それが19歳ぐらいから歌手になるって決断してやりだしたんですけど、今でもときどき「うわ、歌、下手!」ってびっくりする(笑)。ただ、私は声も楽器と捉えていて、最近は自分がヴィンテージの楽器だなって思っているんですよ。

――なんかカッコいい(笑)。
【Chara】 30年以上歌ったら、もうヴィンテージじゃないですか。なのでメンテとか、マイクとの相性とか、機材のことを知るとか、メンバーとのやりとりとか、いろんなこと擦り合わせていく必要がある。その上で、自分の耳は一応、信じているので「じゃあ、こういう音にしたいです」ってCharaプロとして考えるわけです。例えば一輪挿しのお花でも、花瓶の選び方とか挿し方で、まったく見せ方は変わるでしょ。それと同じでどんな状況で歌います?みたいな、そういう意味でのプロデュース力、全部をひっくるめてCharaプロとしては助けてあげることが大事だと思うし、そのために声をいろいろ使っていくって感じなんです。

――Charaさんの声だけは未だに唯一無二。似ている人も出てこないですからね。
【Chara】 いやいや、それはさっきも言ったようにうまくないからです。ただ、作曲力はあるから、このメロディ、このラインがいいってところが優先で、そこを歌うために本当に必死っていう(笑)。

◆Charaボイスの誕生は、夜中にヘッドホンをつけて歌っていたから

――ご自身の声を客観的にはどう捉えていますか?
【Chara】 好きか嫌いかっていったら嫌いもありますよ。でも好きな方が上になるようにしている。嫌いなところもたくさんあるけど、そこまで考え過ぎないほうがいいかなと。

――そもそも、Charaボイスはどうやって誕生したんですか?
【Chara】 最初は誰かの歌をカバーして歌うとかじゃなく、自分で作った曲が先にあって。で、誰も歌ったことがないから、まず自分で声を入れてデモテープを作っていたんです。そのときは、夜中にヘッドホンをつけて歌っていたので「(小声で)はぁー」とか、ウィスパーが多くなったっていう。

――独りで夜中にコソッと歌っていたので、自然にウィスパーになったと。
【Chara】 しかも、最初の曲なんて泣きながら歌っていたと思いますよ。失恋して朝方帰ってきて、鍵盤でも弾こうかってなって感じで曲ができたから。

――さすがアーティスト!
【Chara】 ひと筆書きなんです。でも、それがいいって言われてデビューのきっかけになったんですよね。

◆精神的にはバランスが崩れた時期も歌い続けた

――振り返りに戻りますが、25年の中で一番、辛かった時期を挙げるなら?
【Chara】 前の事務所を辞めたのと離婚が重なった時期かな。どっちも突然、終わりになったわけではなかったけど、別れが重なって精神的にはバランスが崩れました。でもそのときも歌い続けたんですよ。そこは自分でもがんばり屋だなと思う(笑)。しかも、その頃、レコード会社に所属せず自宅でレコーディングしていたんだけど、インディーズってものに憧れまして。今ならできるじゃん、合間に曲を出しちゃえ、みたいな。元気のないときだったけど、それはそれで雰囲気が出ていて、悲しげ~なアルバムを1枚作りました(笑)。歌っていたら元気が出てきたし、つらいときでも笑っているとそういう気持ちになってくる。口角上げて、無理やり笑って行こうみたいな気分になってくるから、どんなときも歌っていたのは間違いじゃなかったんだなと思います。

――Charaさんはよく履歴書に「女」って書きたいとおっしゃっていますが、こうして歴史を辿っていると本当に女性ならではの逞しさやしなやかさを感じます。
【Chara】 お母さんになってから、それはあったかも。守らなきゃいけないって存在があると、しゃんとできるからね、ありがたいことですよ。

――最近は長女でモデルのSUMIREさんと一緒にメディアに出る機会も増えましたが。親御さんとして娘さんがこの世界に入ることをどう思っていますか?
【Chara】 彼女はまだ大学生だから、芸能界に入りたいって感じじゃないんです。しかも、本人は意外とマジメでシャイなわけ。ただ、子供のからファッションには興味があって今もそういう大学に行ってブレていないから、モデルのお仕事もファッションが好きだからってことじゃないかな。だから、それが芸能界ってなると、本人は「違う」って思うかもしれない。

――CharaさんとSUMIREさんの関係は理想の親子、憧れの母娘に見えます。
【Chara】 いや、フツーのお母ちゃんと娘ですよ。

――今後の夢や目標は?
【Chara】 最近、意外と人生って短いんだなって半分ぐらい折り返しているので実感するんですよ。私は、幸せになるために歌い始めたので、健康だったら、たいがいのことはできるんじゃないかなと。子供たちも自分も元気でとりあえず淡々と、その上で自分は進化系なのでいろんな人とコラボして影響を受けたり、若い人たちに、何かヒントを与えられる役割があればいいなと思う。音楽を通じてそれをやっていきたいから、すべて惜しみなく出す、みたいな。そういう意味でこれからも“ネイキッド”だなと思いますね。

(文:若松正子)