11月19日は“大坂冬の陣”開戦の日

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンによるのスペクタクル・ショー『戦国・ザ・リアルat大坂城』のイメージビジュアル

 「11月19日」は大坂冬の陣が始まった日とされる(厳密には旧暦との違いがある)。 NHKで放送中の大河ドラマ『真田丸』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)でも13日放送の第45回で大坂冬の陣が始まった。ドラマが盛り上がる中、来月16日には現在の特別史跡 「大阪城」でユニバーサル・スタジオ・ジャパンによる『ユニバーサル・クールジャパン 2017』の一つとして「戦国・ザ・リアル at 大坂城」が開幕する(来年3月12日まで)。

『真田丸』の場面写真、大阪冬の陣

 メインのスペクタクル・ライブショーは、大阪城に映し出される大迫力のプロジェクション・マッピ ング、幅 36メートルのステージの上で繰り広げられる勇壮な合戦、数百発の豪華絢爛なパイロ(演出用花火)で構成される戦国エンターテイメント。真田幸村の気概や勇敢さを、華やかで壮麗な演出と大迫力の特殊効果で表現し、込み上げるほどの感動と興奮を誘う。

 戦国時代を彷彿とさせる城下町「楽市楽座」エリアも出現。多数の屋台がずらりと軒を連ね、まるで戦国時代の城下町にタイムスリップしたかのようなストリート・パフォーマンスを楽しみながら飲食や買い物が楽しめる。

 幸村の出身地でもある信州の名物料理「おやき」に真田家家紋の六文銭、豊臣秀吉の馬印として有名な瓢箪をあしらった「戦国おやき(真田は肉みそ、 豊臣はあんこ)」をはじめ、出汁を注ぐとパチパチと戦国時代の合戦をイメージさせる音とともに大阪名物のたこ焼きを楽しめる「3種のたこ焼き(たこ、鴨、ご飯)」、寒い夜にぴったりな「6種の具入り あったか六文銭汁」など、ユニバーサル・スタ ジオ・ジャパンならではのアイデアから生まれた、あったかフードも揃う。

 真田家の家紋をモチーフにした「巾着入クッキー」や「足袋型靴下」など、身に着けると“クール”でもあり、かわいらしくもあるグッズに加え、日本一の兵と呼ばれた幸村を想起させる日本刀『模造刀「六文銭朱呂鞘」』なども並ぶ。歴史を知らない人でも、歴史好きの人でも、存分に戦国の魅力を楽しめそうだ。