ミス・ワールド2015日本代表・中川知香、冬ドラマで女優デビュー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ミス・ワールド2015日本代表・中川知香、1月期にテレビ朝日系で放送される連続ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』で女優デビュー(C)テレビ朝日

 「ミス・ワールド 2015 日本代表」、そして「2016年トリンプ・イメージガール」を務めた中川知香が、来年1月期のテレビ朝日系ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』(毎週木曜 後9:00)に出演することが決まり、女優としての第一歩を踏み出す。

抜群のプロポーションがわかる全身ショット

 待望の出演オファーに「とにかくうれしいです!」と中川。「女優宣言をさせていただいてから8ヶ月経つのですが、その間、演技のレッスンはもちろん、休みの日にはいろんなドラマや映画を見て、それまで以上に演技の勉強に力を入れてきましたので、ついに現場に立てるんだという喜びを感じています」とかみしめた。

 中川は、今年3月23日に"女優宣言"。この時、一緒に"女優宣言"したミス・ワールド2013年日本代表の田中道子(27)は、10月期に放送中の同局系ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』で女優デビュー。西田敏行演じる病院長・蛭間重勝の秘書兼愛人、白水里果役を熱演している。

 新ドラマ『就活家族』で中川が演じるのは、なかなか内定をもらえずにいる女子大生・戸川加奈。真面目な性格で何事に対しても一生懸命だが、面接など肝心なところで失敗してしまうことが多い、という設定になっている。中川自身も「肝心なところで失敗してしまったりするところが、自分とも似ているところがある」といい、加奈のキャラクターに共感していた。

 自身のセールスポイントはメンタルの強さ。「嫌なことがあったり、トラブルが起きたりしても、なんとかなる!と、気持ちを切り替えられます(笑)。特に、ミス・ワールドの日本代表になってからですが、世界大会では予想もしないような出来事がたくさん起きて、それを乗り越えるうちにスーパーポジティブシンキングになった気がします」と自己分析。「すぐにその役に入り込めて、どんな役をやっていても観ている人の印象に残るような女優になりたい」と抱負を語っていた。

 同ドラマは、俳優の三浦友和を主演に迎え、就職活動="就活"を通して「人にとって仕事とは何なのか?」「人はなぜ働くのか?」、ひいては「生きることとはどういうことか?」をユーモラスに、ときにミステリアスに問いかけていく山あり谷ありのジェットコースター・ホームドラマ。