島崎遥香、"デカ長"卒業 主演ドラマがクランクアップ「鍛えられました!」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
AKB48・島崎遥香主演、テレビ朝日のドラマ『警視庁 ナシゴレン課』が撮了(C)テレビ朝日

 人気アイドルグループ・AKB48の島崎遥香が、テレビ朝日のドラマ『警視庁 ナシゴレン課』(毎週月曜 深0:15~0:45※関東地区、及び一部地域で放送)の撮影を無事完走。デカ長・風早恭子役を"卒業"した。

ナシゴレン課のメンバー

 同作は、捜査に一切出向かず、刑事部屋だけで事件を解決してしまう極秘部署・ナシゴレン課の活躍を描いた、前代未聞のワンシチュエーション刑事ドラマ。

 デカ長役を務め上げた島崎は「すべてが自分にとって初めての挑戦でした。毎日、鍛えられている、という感じでした」と、濃密な撮影期間を振り返っていた。

 ドラマ放送は折り返し地点だが、島崎は「楽しかったのは、第9話(12月12日放送)で2役を演じられたこと。同じドラマの中で違う役を演じるのは、とても面白かったです!」と、後半のみどころをアピール。「ナシゴレン課が最後、どんな終わり方を迎えるのか、楽しみにしていてください!」と、メッセージを寄せている。