橋本奈々未、今だから表現できる美しさと切なさ スラリとした美脚も披露

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『週プレ』初ソロ表紙&巻頭グラビアに登場した乃木坂46・橋本奈々未 (C)佐藤裕之/週刊プレイボーイ

 人気アイドルグループ・乃木坂46の橋本奈々未(23)が、21日発売の『週刊プレイボーイ』49号(集英社)の表紙と巻頭グラビアに登場。来年にグループ卒業&芸能界引退を発表した彼女が、美しさの中にも切なさを感じさせる表情を見せている。

【表紙カット】憂いのある視線でカメラを見つめる橋本奈々未

 グループの1期生として活躍してきた橋本は、10月に出演したラジオで来年2月をめどにグループからの卒業と芸能界引退を発表。トップアイドルグループの中心メンバーの突然の卒業発表は大きな話題を呼び、橋本が初めてセンターを務めたラストシングル「サヨナラの意味」(9日発売)は、グループ自己最高となる初週売上82.8万枚を記録した。

 橋本の『週プレ』ソロ表紙も、今回が初めて。グラビアでは、大きな決断をくだして新たな道を歩むことを決めた彼女の心境をあらわすかのような、憂いを含んだ視線を投げかけるカットも収録。ワンピースからスラリとした美脚をのぞかせ、大人の色気を漂わせるショットも掲載される。

 同号にはそのほか、センターグラビアにはグラビアモデルの柳ゆり菜、モデルの池上紗理依らが登場。さらに、宇多田ヒカルのそっくりさんとしてネット上で話題になった若尾綾香、競馬番組でレポーターを務める女子アナ・竹内紫麻がグラビアデビューを飾っている。