本田真凜選手、JALとスポンサー契約 CA姿で喜び「今まで以上の成績を残す」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
日本航空とスポンサー契約をした本田真凜選手 (C)ORICON NewS inc.

 女優でフィギュアスケート選手でもある本田望結(12)の姉・本田真凜選手(15)が、日本航空(JAL)とスポンサー契約を締結したことが21日、都内で行われた会見で発表された。

【全身ショット】“CA姿”で登場した本田真凜選手

 2歳からスケートを始めた本田選手は、2010年開催の『全日本ノービス選手権大会』に10歳で初出場し、注目を集めた。その後、16年3月の『フィギュアスケート世界ジュニア選手権』や、6月の『アジアンオープントロフィー2016』で優勝するなど、世界の舞台で活躍している。

 この日の会見に“CA姿”で登場した本田選手は「小さい頃から飛行機に乗る度に(客室乗務員の制服を)かわいいと思っていた。まさか着れるとは思っていなかったので、とてもうれしいです。さっきからずっとCAさんのまねをして遊んでます」と笑顔。スポンサー契約については「国際大会などで飛行機の移動が多く、その時間をいかにリラックスできるかを考えている。今シーズンも今まで以上の成績が残せるように頑張りたい」と喜んだ。

 契約締結の記念品を受け取ると「これからも『オリンピックで金メダル』という夢に向かってどんどん頑張っていきたい。まずはいい結果を出して、代表に選ばれるように頑張りたい」とさらなる飛躍を誓った。