欅坂46、夢は「メンバー全員で旅行」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
欅坂46(左から)菅井友香、渡辺梨加、平手友梨奈、渡邉理佐、守屋茜

 アイドルグループ・欅坂46の平手友梨奈(15)ら5人が21日、東京・アキバホールで行われた「欅坂46×マネーパートナーズ」マネパカード宣伝部発足式に出席した。国内外で利用できるプリペイドカード『マネパカード』の宣伝部員に任命され、メンバーは口々に「マネパカードを持ってメンバーと海外に行ってみたい」と目を輝かせた。

【個別ショット】平手友梨奈のキュートなスマイル

 欅坂46は平手をはじめ、菅井友香(20)、守屋茜(19)、渡辺梨加(21)、渡邉理佐(18)が登場。マネーパートナーズの代表取締役社長・奥山泰全氏は「超大型新人のヘッドハンティングに成功して、欅坂46さんに宣伝部員に就任していただいた」と顔をほころばせ、「宣伝部となった以上は、結果を出して偉くなってください。“私がマネーパートナーズの社長になるんだ”というくらい頑張っていただきたい。夢じゃないと思います」と激励すると、平手は「まだまだ新人ということで力不足かもしれませんが、世界中の方々にマネパカードを広めていきたいと思います」と意気込みを語った。

 カードは15歳から利用可能とあり、最年少の平手は「15歳という年齢で世界中で使えるカードを持てるのはびっくり」と喜びつつ、「私は最年少で、守屋茜は私にとってお姉ちゃんのような存在なので、マネパカードを使っていろんなものを買ってほしい」とおねだり。渡邉が「私も、私も」と乗っかると、守屋は「待って待って! 私より年長者が2人いるから」と大慌てした。平手から「何か買ってください」とねだられた最年長の渡辺は「…はい」と力なく返事し、苦笑いしていた。

 また、今月29日に21歳の誕生日を迎える菅井は「実は夢がありまして。メンバー全員で旅行に行きたい。マネパカードを使って温泉とかに行って、メンバー全員におもてなししてほしい。マネパカードで思い出を買いたい」と野望を明かし、笑顔を見せた。

 マネパカードは、1枚で6通貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)に対応し、事前にチャージすれば世界210以上の国と地域のマスターカードマークがあるATMで現地通貨を引き出したり、マスターカード加盟店で支払いにも利用できる。新規入会者には欅坂メンバーの生写真(推しメン選択可)を進呈するほか、12月24・25日に東京・有明コロシアムで開催されるワンマンライブの物販コーナーに会員優先レーンが設けられる。