鉄腕アトム誕生秘話、アニメ化 『アトム ザ・ビギニング』NHKで来春放送

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アニメ『アトム ザ・ビギニング』2017年春、NHK総合で放送決定(C)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S/アトム ザ・ビギニング製作委員会

 "漫画の神様"と呼ばれた手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』の主人公が誕生するまでの物語を現代的な全く新しい視点から描く新作アニメ『アトム ザ・ビギニング』が、来年春よりNHK総合で放送されることが20日、明らかになった。

漫画の神様、手塚治虫さん

 1951(昭和26)年、漫画誌『少年』に連載された『アトム大使』に登場以来、『鉄腕アトム』として人気を誇った10万馬力の少年ロボット、鉄腕アトム。世界的に知られる手塚漫画の代名詞とも言えるキャラクターだ。

 その『鉄腕アトム』を原案とし、"鉄腕アトム"誕生までの物語を描いた、カサハラテツロー氏の同名漫画(2015年から『月刊ヒーローズ』連載中)をアニメ化する。

 『踊る大捜査線』『PSYCHO-PASS サイコパス』の本広克行氏が企画監修、手塚治虫さんの長男・手塚眞氏と『機動警察パトレイバー』を代表作に持つ漫画家・ゆうきまさみ氏(原作ではコンセプトワークスを担当)がストーリー監修として参加。

 監督に『モーレツ宇宙海賊』の佐藤竜雄氏、 シリーズ構成に『BLOOD+』の藤咲淳一氏らヒットクリエイターを集め、『鉄腕アトム』のエピソードゼロに挑む。アニメーション制作は、OLM、Production I.G、SIGNAL.MD。

 のちに鉄腕アトムを作り上げることになる天才科学者・天馬午太郎と、お茶の水博志。若き日の2人は、大学の同じ研究室で理想のロボット開発を目指す研究生だった。午太郎の目指すロボットは、人間を超越した生命体、神。博志の目指すロボットは、人間と対等な存在、友達。2人の友情と対立、そして彼らの開発した驚異的新型 AI(人工知能)"ベヴストザイン"を搭載した人型ロボットの活躍と、変容。「ロボットに"こころ"は必要か?」。AI の進歩によって来るべき世界を描く近未来 SF。