中居正広が稲垣吾郎との初ゴルフ語る「スタンスが違いすぎ」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
稲垣は以前にもラジオで、不眠だという中居へ安眠法をアドバイスしたことも

 19日放送の『中居正広のSome girl' SMAP』(ニッポン放送)で、中居が最近になって初めて稲垣吾郎とゴルフに行ったてん末を面白おかしく語った。

解散まであとわずか..."好きなアーティストランキング"でSMAP支持上昇

 この日、「秋の夜長に眠れない中居くん、その後どうですか」という質問に「ちょっと良くなってきたんだよな~」と即答した中居。「起きちゃうは起きちゃうんだけど、早起きしてゴルフ行って、夜眠れてるのがいいのかもしれない」と改善理由を分析した。

 その流れで「こないだ面白かったんだよな~」と笑いだした中居は、数年前から行こうと誘い合っていた稲垣と初めて一緒にゴルフに行った際のエピソードを、「何かやっぱねえ、違うんだよあの男は(笑)」と語り出した。曰く、中居は9ホールを回ったところで"一番の楽しみ"である昼ごはんを食べて後半戦に臨むが、稲垣は昼ごはんを食べず18ホールぶっ続けでプレイする。4人でワイワイガヤガヤ「ナイスショット!」「惜しいね~」と言い合いながらカートでホールを回る中居に対し、稲垣は2人、もしくはたった1人で、カートも使わず18ホール黙々とプレイをする、というもので、お互い逐一カルチャーショックを受けながら進んで行ったそう。

 その日の稲垣は全て中居に合わせてくれたそうだが、「スタンスが違いすぎて、普段2人で回るっていう稲垣さんがよく俺のことを誘ったな~と思って(笑)。......あいつ楽しかったのかな?」と心配していた。

 実は2012年の初夏にも、木村拓哉と何度目かの完全プライベートでゴルフに行き、9ホール後のランチタイムで蜂に狙われて逃げ回ったてん末を、互いのラジオで語り合っていた稲垣(『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』2012年5月31日、『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』2012年6月15日)。休日ゴルフエピソードの多さは"SMAPの中間管理職"という自称を連想させるが、2人から「すっげえ上手い」と賞賛されるなど、普段は接待ゴルフとは無縁のスポーツスタイルを貫いている様子。

 中居はそんな稲垣に対し、「全部案内してくれたし、途中から一緒に『あぁ、ダメだー!』とかやってくれたけど、すげえサイズの合わない服着せられて『いいねいいね~』って言ってるみたいな(笑)」と独特の比喩表現でその配慮を思いやった後に、しばし沈黙。

 今回のゴルフが、中居の地元の友達と共通の知人、稲垣の馴染みのゴルフ場というシチュエーションであったことから、「いっそのこともう一回誘ってやろうかな! おい、来いよ! って、今度は俺の地元の"チンピラ"のところにあいつを入れてやろうかな!」と企んでいた。
(文/坂戸希和美)