トレエン斎藤、流行語大賞奪取に秘策?「いろんな角度で考えています」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『GQ MEN OF THE YEAR 2016』授賞記者会見に出席したトレンディエンジェル(左から)たかし、斎藤司 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビ・トレンディエンジェルが21日、都内で行われた『GQ MEN OF THE YEAR 2016』授賞記者会見に出席。斎藤司は、今年「最も輝いた男性」として表彰された感想を聞かれ「このような名誉ある賞をいただいて、本当に素直にありが“頭皮”です!」とおなじみのフレーズで喜びをかみしめた。

【動画】菅田将暉、吉川晃司など今年輝いた男たちが集結

 17日に発表された『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)では、決めフレーズの「斎藤さんだぞ」が選出されたが「ここまで、皆さんに愛していただいたおかげだと思っています」と感謝。大賞奪取に向けて“秘策”があるようで「いろんな角度で考えています。例えば(大賞が)『君の名は。』であっても『斎藤さんだぞ』って言って、『神ってる』だと『髪減っている』っていう感じで…」とかなり強引なプランを堂々と披露した。

 多忙を極めた今年を振り返る場面では「本当にあっという間というか『ペッ』という間で、2時間空き時間があれば超ラッキーという感じでした」と笑いを交えながらしみじみ。「CMやファッションショーにも出させてもらって、いろんな可能性を知らせてもらった1年でした。来年は歌声を活かして、CDデビューをさせていただくことになると思いますので、またその時に!」と授賞式仕様でカッコよく宣言していた。

 そのほか、小澤征爾、吉川晃司、菅田将暉、柔道選手のベイカー茉秋、陸上男子400メートルリレー日本代表(飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥、山縣亮太)、渡辺謙も受賞した。