柳ゆり菜、最新グラビアで不良ガール熱演 大阪を舞台に新しい一面見せる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『週刊プレイボーイ』グラビアで不良ガールに挑戦した柳ゆり菜 (C)熊谷貫/週刊プレイボーイ

 グラビアアイドル・女優の柳ゆり菜(22)が、21日発売の『週刊プレイボーイ』49号(集英社)に登場。「ワル」をテーマにしたセンターグラビアで、これまでのイメージとは一線を画する新しい表情を見せた。

【別カット】大阪を舞台に新しい一面を見せた柳ゆり菜

 2014年後期の朝ドラ『マッサン』のポスターモデルでお茶の間に鮮烈な印象を与え、バスト83・ウエスト59・ヒップ87センチのダイナマイトボディーで多くの男性ファンを獲得した柳。最近は女優としても活躍し、『恋妻家宮本』(来年1月公開)、『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(同3月公開)にも出演するなど、キャリアの幅を広げている。

 今回のグラビアは、大阪を舞台に悪い女「ワリ菜」になりきって、抜群のプロポーションと女優としての表現力を存分に発揮。担当編集者の「柳さんの"良い子"のイメージを覆したく、逆に"悪い子"を演じてもらいました」という狙い通り、スタジャンを羽織ったスタイルなど、セクシーな不良ガールを演じきっている。

 同号にはそのほか、表紙と巻頭グラビアには乃木坂46の橋本奈々未(23)、誌面にはモデルの池上紗理依(21)が登場。また、競馬番組でレポーターを務める女子アナ・竹内紫麻(24)と宇多田ヒカルのそっくりさんとしてネット上で話題になった若尾綾香(27)がグラビアデビューを飾っている。