ピコ太郎、CanCamモデルとオリジナル「CCCP」ダンス披露

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ピコ太郎が『CanCam』CMでモデルたちとダンス(小学館『Cancam』1月号より)

 世界的な大ヒットとなった「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」でブレイク中のピコ太郎が、女性ファッション誌『CanCam』(小学館)のCMに出演したことが21日、明らかになった。同誌で活躍する人気モデルとともに、オリジナルの「CCCP」ダンスを披露している。

【写真】楓が表紙を飾る『Cancam』創刊35周年記念号

 ピコ太郎は、同誌専属モデルの堀田茜、池田エライザ、坂田梨香子、松村沙友理(乃木坂46)の4人とともに、自身が振り付け&歌唱指導を行った「CCCP(Can-Cam-Can-Pen)」をダンス。創刊35周年を迎えた同誌を華やかに盛り上げている。

 22日発売の同誌1月号では、CMのメイキングも紹介。モデルたちに手の角度を細かく教えているピコ太郎や、アドリブダンスでピコ太郎と華麗にセッションするモデルたちの姿を掲載し、盛り上がった撮影現場の雰囲気を感じることができる。

 同号にはそのほか、人気グループのSEXY Zone、GENERATIONS from EXILE TRIBE、GOT7、AAAの宇野実彩子と伊藤千晃などが登場。表紙は専属モデルでE-girlsの楓が飾っており、彼女とE-girlsについても特集されている。