たんぽぽ・白鳥、イケメン患者から告白される

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『レディ・ダ・ヴィンチの診断』第7話(11月22日放送)より。救命救急医・里見藍を演じる白鳥久美子(C)関西テレビ

 女優の吉田羊が主演する関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『レディ・ダ・ヴィンチの診断』(毎週火曜 後9:00)の第7話(22日放送)は、お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子が演じる解析診断部の救命救急医・里見藍のメイン回。なんと、男性患者から「先生のことが好きです」と告白される、という。その患者、一体どんな病気なのか。

第7話の場面写真

 患者の神田光一郎を演じるのは、俳優の田中幸太朗。街中で突然倒れて運び込まれた神田を、藍が処置。独身で恋人もいないと知り、密かに恋心を抱いてしまう藍は、緊張からミスをして症状を悪化させてしまうことに。治療すればするほど症状は悪化していく。藍は何とかして神田を助けようと必死になるが...。

 いつもより出演シーンもせりふも多い第7話をやり遂げ、白鳥は「男性には興味がなく、仕事一筋っていうのが、藍だと思ってました。あのメガネと髪型は絶対にそうでしょ(笑)。そんな藍が築きあげてきた意地とかプライドとかが一気に崩れたとき、そっと自分の側に残っているモノって、ホンモノなのかもしれない、とふと思った第7話でした。汚ったない顔して、荒地を駆け巡るブス、あ、間違えた(笑)、これまでとはちょっと違う一面を見せる藍を応援していただけるとうれしいです!」とコメントしている。

 また、前回放送の第6話で、吉田が演じる橘志帆の娘・真央はすでに亡くなっていることを知ってしまった外科医・新田雪野(相武紗季)は、ますます志帆のことが気になり、次の行動に出て志帆の謎に迫っていく。

 番組では、第7話の放送終了後に、内容に関するクイズを出題。ドラマ公式ホームページ、ドラマ公式LINE、ドラマ公式フェイスブック、ドラマ公式ツイッターなどのSNSから、カンテレ無料ファンクラブの会員ページ(http://www.ktv.jp/hachipre/present/lady.html)経由で答えると、出演者の直筆サイン入りボードが当たるプレゼント企画を実施する。

■公式SNSアカウント一覧
ドラマ公式ツイッター  @ladydavinci_ktv
ドラマ公式フェイスブック  @ladydavinciktv
ドラマ公式LINE    @ladydavinci
ドラマ公式ブログ   ameblo.jp/ladydavinci/