池田エライザ、「衣装合わせも入念に」 ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』出演

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
2017年1月スタートの深夜ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』に出演する池田エライザ(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS

 モデルの池田エライザが、来年1月スタートの深夜ドラマ『ホクサイと飯さえあれば』(MBS・TBSほか)に出演することがわかった。鈴木小波(すずき・さなみ)氏による同名漫画を女優の上白石萌音主演で実写ドラマ化。池田は「北千住LIFEを楽しみたい」と撮影入り。「とても暖かい現場でのびのびと平和な時が流れており、それが観ている皆様に伝わればいいなと思います」と話している。

原作者が描く絢子/ジュンちゃん

 大学進学のために上京してきた山田文子、通称ブンが、東京・北千住の町で送る創意工夫の自炊ライフを描く。池田が演じるのは、ブンと同じ大学に通うコミュニケーション能力が高い女子大生の有川絢子(あやこ)、通称ジュン。ひょんなことからブンと知り合い、友達になる。おいしいゴハンに目がなく、おいしいゴハンが作れる人を尊敬している。

 池田は「ジュンちゃんはとっても素直でズンズン前に突き進んでいく女の子なのですが、いままでにそういった役がなかったのでとてもワクワクした」とコメント。持ち前のファッションセンスを役作りに生かし、「衣装合わせも入念にしました。ジュンちゃんはこういう性格だから、こう着るんじゃないかな、こういう色を使えば伝わるんじゃないかな、などいろいろ打ち合わせています。ヘアもその日のジュンちゃんの気分で変えています」と、こだわっている。

 主演の上白石とは今回が初共演で「萌音ちゃんとはずっと前から一緒にいる感覚。すっと馴染んで暖かい現場です。笑いがたえません」。森谷雄プロデューサーも「全く違うタイプのように見える二人だけれどどこか似ている感じが見事に出ています」と太鼓判を押している。

■放送情報
MBS:1月22日スタート、毎週日曜 深0:50
TBS:1月24日スタート、毎週火曜 深1:28

※本編に先駆け、特番『ホクサイと飯さえあれば-上京・新居飯計画編-』が、MBSで1月15日(深0:50)、TBSで同17日(深1:28)に放送される。