小島よしお、ベッキーと事務所ライブで共演 楽屋あいさつで騒動謝罪に「芸人総立ち」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
事務所ライブでベッキーと共演したことを明かした小島よしお (C)ORICON NewS inc.

 芸人の小島よしお(36)が22日、都内で行われた電子チラシサービス『Shufoo! 15周年記念キャンペーン記者発表会』に出席。きのう21日に行われた、所属事務所のお笑いライブ『サンミュージックお笑い祭~今年はいろいろあったけど!それでも元気に笑わせよう!!~』にサプライズ出演したタレント・ベッキー(32)の様子について「みんなの楽屋に来て『この度は、ご迷惑をおかけしました』って言っていました」と明かした。

【写真】復帰後…覚悟の“裸一貫”を見せたベッキー

 続けて「芸人も総立ちになって『いやいや…』ってなりました。打ち上げも最後まで参加してくれて、元気な姿を見ることができましたね」とにっこり。今回の騒動を受けて、事務所としての打撃について話題がおよぶと「芸人側も(騒動を)ネタにして恩恵にあずかったところもあるので、助け合いだなと思いますけどね」と気遣った。

 一方、同席したミッツ・マングローブ(41)は「問題な部分は問題として」と前置きした上で「端から見ていると、ベッキーだからこその風当たりの強さもあったんだけど、ベッキーだから耐えられたんだというのはありますよね」とコメント。「結果論でしかないけど、女っていうのはひと波ふた波乗り越えると良い顔になる。女の経験値として、ちゃんと身に刻んで今後に活かしていくべきじゃないかと思います」とエールを送っていた。

 イベントでは、7月に結婚したばかりの小島よしおとミッツが“しゅふ”の力を競う「しゅふ力3本勝負」を実施。シミ抜き、洋服速たたみ、愛のレシピの3つを「技術力・スピード・アイデア」から競い、ミッツが見事勝利を収めた。