映画『イタキス』佐藤寛太、美沙玲奈とキスシーン秘話明かす

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
キスシーンの秘話を明かした(左から)佐藤寛太、美沙玲奈 (C)ORICON NewS inc.

 劇団EXILEの佐藤寛太、女優の美沙玲奈が22日、東京・秋葉原神社で行われた映画『イタズラなKiss THE MOVIE~ハイスクール編~』(25日公開)ヒット祈願イベントに出席。劇中のキスシーンについて、撮影の裏側を明かした。

【写真】“イタキス神社”で行われたヒット祈願イベント

 同作は、多田かおるさんの名作漫画を初めて実写映画化。女子生徒の憧れの的・天才イケメン入江役を映画初主演の佐藤、勉強は大の苦手、ドジでおバカだけれど友達思いのポジティブガール・琴子を美沙が演じ、今後も第2弾『~キャンパス編~』、第3弾『~プロポーズ編~』の公開が控えている。

 雨の中でのキスシーンについて、佐藤は「僕が雨男なので、本当に雨が降った」と振り返り、「撮影前に歯磨きとかするのかなって思っていたけれど、実際は焼肉弁当を食べた。その後に歯磨きもしましたが、ラフな感じで気負いせず臨みました」と明かし、美沙と笑いあった。

 原作ファンも多い人気作だけに、2人はプレッシャーも大きかったようで、美沙は「批判も多かったけれど、全部受け入れてバネにしました」と笑顔。佐藤は、“超絶イケメンかつIQ200の天才”という役柄に重圧があったと告白し、「原作を読んでいた方も楽しめる作品になったと思う」とアピールした。

 映画の公開を記念し、名シーンの装飾を施した恋愛成就の神社“イタキス神社”が、同所にて11月22日~12月4日までの期間限定でオープンする。