『ハリポタ』新章キャストの神対応にファン涙 エディ・レッドメイン「愛を感じています」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
(左から)デイビッド・ヘイマン、ダン・フォグラー、エディ・レッドメイン、アリソン・スドル、デイビッド・イェーツ監督 (C)ORICON NewS inc.

 大ヒットを記録した映画「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(23日公開)のファンイベントが22日、都内で開催され、主演を務めるエディ・レッドメインらが登場。キャラクターの扮装などをしたファンから熱烈な歓迎に感激したキャストたちは、「せめてものお返し」と気さくなファンサービスを連発して会場を沸かせた。

サービス精神旺盛のエディ・レッドメイン

 登場したのは、主人公のおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダー役のレッドメインのほか、素直で明るい魔法使いクイニー役のアリソン・スドル、魔法の世界に“初めて誘われる人間”ジェイコブ役のダン・フォグラー、デヴィッド・イェーツ監督、プロデューサーのデイビッド・ヘイマン氏。

 フォグラーは、登場してすぐに「東京の方々がいろいろしてくれたので、せめてものお返し」と、ファンに写真を贈呈。その後行われたプレゼントコーナーでは、ファンにお願いされてキャスト全員がプレゼントにサインをして喜ばせ、全員のプレゼント抽選が終わると、フォグラーが自らのマイクについていた魔法動物ボウトラックルも急きょプレゼントとして渡した。

 レッドメインは「こんにちは。日本を愛しています」と日本語であいさつし、「世界でも日本の『ハリー・ポッター』ファンは有名。皆さんの愛を感じています」と感謝。レッドメイン、スドルは自身の扮装をしたファンの元までハグをしに駆けつけ、ファンをうれし泣きさせる一幕もあり、映画のごとく“魔法”のような時間に、ファン約400名が熱狂した。