悟空&アラレちゃん『ドラゴンボール超』で共演 ストーリーに本格参戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
アニメ『ドラゴンボール超』にアラレちゃんが登場 (C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション

 12月4日放送のテレビアニメ『ドラゴンボール超』(フジテレビ系、毎週日曜 前9:00)に『Dr.スランプ アラレちゃん』の主人公・アラレちゃんが登場し、悟空と共演することが明らかになった。今年5月15日放送回でも2人が久しぶりに会うシーンが一瞬描かれていたが、今回の放送ではアラレちゃんがストーリーに本格参戦する。

【写真】悟空もびっくり!アラレちゃんが登場

 ともに鳥山明氏原作で『ドラゴンボール』は30周年、『Dr.スランプ』は35周年とアニバーサリーイヤーを迎えている両作。今回は「悟空VSアラレ!ハチャメチャバトルで地球が終わる!?」と題し、最も優れた発明品を決める「世界発明品アワード」でガードマンのバイトをすることになった悟空と、式典に現れたアラレちゃんやガッチャンたちがひと騒動を巻き起こす。

 “夢の共演”にあたり、悟空役の声優・野沢雅子とアラレちゃん役の小山芙美が対談。今回の共演への思い入れや収録の秘話を語ってくれた。

 小山は「悟空とアラレちゃんの対決回があるとお聞きして、私はめっちゃんこうれしかったです! 憧れのマコ(野沢雅子)さんとまたご一緒できるってだけで、すごくうれしくって…」と喜び。野沢も「悟空は喜ぶだろうなって思いました。アラレちゃんといっしょにやるんだ~! て」と今回の共演を心待ちにしていた様子。

 収録については「皆さん切磋琢磨して面白くしようっていう思いがスタジオの中に流れていて…それがすごくうれしかったです」と小山が振り返ると、野沢も「この現場は明るいんですよ~! スタジオの中の雰囲気を、そのまま画面の方に持っていきたいから、みんな楽しくお話しするんです」と舞台裏を明かした。小山は「アラレ役でこんなにいっぱいセリフがあったのは本当に久しぶりですから、準備はけっこう大変でした。ボイストレーニングに行って、高い声が出るように準備をしましたね」と、「キーン!」の声を“仕上げて”収録に臨んだとのこと。

 最後は「かっこいい悟空と、かわいいアラレちゃんがコラボするわけじゃないですか。これはもう世代を超えて、子供たちとその親、そしてその親まで3世代…家族全員で楽しめるはずですよ!」(野沢)、「家族み~んなで一緒に楽しんでちょ!(アラレ声)」(小山)とファンへ呼びかけた。