TEAM NACS『不便な便利屋SP』に再び全員集合

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
鈴井貴之監督のスペシャルドラマ『不便な便利屋 2016 初雪』TEAM NACS、再び全員集合(上段左から)森崎博之、安田顕、戸次重幸 (下段左から)大泉洋、音尾琢(C)「不便な便利屋 2016 初雪」製作委員会

 2015年4月期にテレビ東京系で放送された連続ドラマの続編『不便な便利屋 2016 初雪』(年末年始に放送予定)に、TEAM NACSのメンバー(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)全員が、再び出演することが明らかになった。

劇中映画で雪女を演じる飯豊まりえ 別人のように目が怖い

 同ドラマは、『水曜どうでしょう』の鈴井貴之氏が監督・脚本を手掛け、岡田将生(主演)、鈴木浩介、遠藤憲一の3人の男たちが、北海道の名も無き田舎町の“便利屋”を舞台に繰り広げるコメディー。

 NACSの5人の役どころはそのままに、前回から1年半後のそれぞれの“その後の姿”が描かれる。メンバー全員が映像作品に出演するのは、前回の連ドラ以来1年半ぶり。しかも今回はスペシャルドラマなので、1回の放送で5人が一気に登場するファンにとっては貴重な作品となった。

 浅野太プロデューサーは「“北海道のスターたち”が再び『不便な便利屋』に集結しました鈴井監督から相変わらず雑な扱いを受ける大泉さんの登場シーンは、せりふが終わってもカットがかからず芝居を続けるはめになり、5分超のアドリブ合戦となりました。放送尺の都合上、どこまでオンエアで使われるかにも注目してお楽しみいただければと思います」とコメントを寄せている。