水卜麻美、アナウンサー志望のきっかけ明かす

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
23日放送の日本テレビ系『1周回って知らない話』2時間スペシャルに登場する水卜麻美アナウンサー (C)日本テレビ

 日本テレビアナウンサー・水卜麻美が23日放送の同局バラエティー番組『1周回って知らない話 大女優に超大物2世にNo.1女子アナに失礼な疑問ぶつけますSP』(後7:00)に出演。アナウンサーを志したきっかけを告白する。

【別カット】水卜麻美、泉ピン子、長嶋一茂らがゲスト

 小学生の時に朝の情報番組を見ていた頃から、アナウンサーになりたかったという水トアナだが、高校時代にアナウンサーへの夢を語ると恩師が吹き出すほど爆笑したことで、夢を諦めかけていた。その後、大学時代に塾講師のアルバイトで国語の授業でテキストを音読していると、子どもたちから「先生、読むのとても上手だね。アナウンサーになればいいのに」と声をかけられた。

 それをきっかけに再び夢へと火がつくと「私、やっぱりアナウンサーになりたい!」と強い想いを再確認し、それ以来、周囲にも自分がアナウンサー志望であることを堂々と打ち明けるように。そしてその後、日本テレビのアナウンサー試験に合格することになる...。

 また「よく食べる」「肉大好き」「炭水化物」という印象の水トアナが、「いつから大食いキャラになったの?」という今時視聴者の疑問を検証すべく、初めて食リポの映像や『ヒルナンデス!』での大食い映像の数々、そして本人のテレビ初告白の話からその謎が明かされる。

 この他、泉ピン子、長嶋一茂らをスタジオゲストとして登場する。