とにかく明るい安村、不倫報道から8ヶ月で夫婦仲戻る「修復されました」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
夫婦仲が戻ったことを報告したとにかく明るい安村 (C)ORICON NewS inc.

 ピン芸人のとにかく明るい安村が24日、都内で行われた『よしもと47シュフラン2017』開催発表会見に出席。3月31日に発売された『週刊文春』で、本上まなみ似の美女との“不倫疑惑”が報じられてから約8ヶ月が経過したが、現在の夫婦仲を聞かれると「ラブラブではないですけど、修復されましたよ」と笑顔を見せた。

【写真】おかずクラブ、バンビーノらも登場

 騒動について、改めて説明を求められると「あれは…浮気です」と白状。持病の椎間板ヘルニアの悪化で、9月末から2週間あまり入院生活を送るなど、災難続きの1年となったが「(不倫の)祟りというか、腰を痛めて手術しました。お医者さんから2ヶ月くらい“全裸ポーズ”を止められているので、今期絶望です」と肩を落としながらも「流行語大賞が発表されますけど『ゲス不倫』とか『文春砲』とか入っていますから、授賞式に行こうかなと思っています」と「穿いてますよ!」で受賞した昨年に続いての出席に意欲(?)を見せた。

 会見には、ドナルド・トランプ米次期大統領に扮したお笑い芸人のレイザーラモンRGが安倍晋三首相のモノマネ芸人・ビスケッティとともに登場し、ひと足先にニセモノ同士による「日本での首脳会談」が実現。紹介される商品に素早く反応して「クリントン?」「プーチン?」「カストロ?」などとボケを重ねていくRGに対し、ビスケッティも「私のTPPは、トランプ・プーチン・パートナーです」と時事ネタを絡めて感謝を伝えるなど、完成度の高いコンビネーションを見せていた。

 同イベントは、47都道府県の主婦たちが「人にオススメしたい」という商品を取りそろえ、よしもとの芸人やメディアを通して全国へと発信していくプロジェクト。会見にはそのほか、バンビーノ、おかずクラブ、かつみ・さゆり、ハイキングウォーキング、シルクも出席した。