こじはる、最後の紅白出場を懇願「ご祝儀で投票して」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
最後の紅白出場を懇願した小嶋陽菜 (C)ORICON NewS inc.

 人気アイドルグループ・AKB48の小嶋陽菜が24日、都内で行われた『WHITE KITTE』WHITE Treeライトアップセレモニーに登場した。この日、大みそか恒例『第67回NHK紅白歌合戦』においてAKB48と国内の姉妹グループ合わせて300人以上の中から、出場“選抜”48人を視聴者投票で決定することが発表されたばかり。来年2月に卒業コンサートを控える小嶋は「“最後の紅白”なのでみなさん、ご祝儀で投票してほしい」と手を合わせてお願いしていた。

【動画】肩出しドレスで登場したこじはる

 本番のステージに立つ48人を選抜する『AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう』企画では、紅白の公式サイトにて「今年かなえた夢」を発表。それを受けて視聴者がどのメンバーが紅白選抜にふさわしいか、公式アプリかデータ放送で投票する。

 当日の生放送内で順位も発表されるが、小嶋は「あまり低すぎなければ、出れたらありがたい」と順位にはこだわっていないようで「もう人生でセンターはないと思う。センターは無理ですね」と諦めモード。それでも「来年からはもう習慣がなくなるので、楽屋で年越しそばを食べたり、今までやってきたことをして過ごしたい。だから紅白は絶対です!」と力を込めた。

 この日は赤と緑のドレスに身を包み、高さ14.5メートルにもなるツリーのライトアップを楽しんだ小嶋は「大人のラグジュアリー感があってすてき」とうっとり。今年のクリスマス当日は「競馬のお仕事が入ってる」そうだが、卒業後は恋愛解禁ということもあり「来年はすてきなクリスマスが過ごせたら」と目を輝かせていた。ライトアップは12月25日まで開催。