紅葉ライトアップ、若冲生誕300年記念特別公開… 舞妓が京都をPR

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東京・六本木のオリコンに来社し、京都をPRした舞妓の叶紘(かのひろ)さん (C)oricon ME inc.

 京都市観光協会は22日、東京・六本木のオリコンに来社し、秋冬の京都をアピールした。紅葉真っ只中の京都は現在、各所で夜間ライトアップを行っているほか、知る人ぞ知る名所や寺院での特別公開なども実施。共に訪れた舞妓の叶紘(かのひろ)さんも「ぜひ京都へおいでやす」と呼びかけた。

“婚活女子”で予想外の賑わい!? 京都“婚活”神社

 美しい紅葉に彩られた秋の京都は観光客でごった返すイメージがあるものの、「有名観光地は多数の方がいらっしゃいますが、京都には見どころがたくさんあり、知る人ぞ知るスポットも多い。ゆっくり観光していただけますよ」と京都市産業観光局の草木さん。今年は江戸時代中期に活躍した絵師・伊藤若冲の生誕300年記念ということもあり、若冲の作品を所蔵する寺を中心に、通常非公開の文化財を特別公開しているという。

 2013年の大河ドラマ『八重の桜』(NHK総合)にも登場した、幕末の会津藩や新撰組ゆかりの地である金戒光明寺では、若冲の屏風を12月4日まで特別公開しているほか、2008年の『篤姫』(同)で堀北真希が、2003年の『大奥』(フジテレビ系)で安達祐実が演じた皇女和宮にゆかりのある宝鏡寺でも、普段閉ざされている「上段の間」を11月30日まで特別に公開している。

 そのほか、2015年下半期に放送された連続テレビ小説『あさが来た』(NHK総合)の主人公・あさのモデルである広岡浅子さんの実家・旧三井家の別邸を移築した旧三井家下鴨別邸も、12月4日まで通常公開されない2階・3階部分を限定公開。歴史ドラマファンや朝ドラファンにはたまらないスポットで、“特別な秋冬企画”を実施している。