ピコ太郎、世界的ブレイクも「実感なくフワフワ」 12・7に待望のアルバム発売

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
世界的なブレイクを果たすも「実感がない」というピコ太郎

 「ペンパイナッポーアッポーペン」(PPAP)が人気の千葉県出身シンガー・ソングライター「ピコ太郎」が、1stアルバム『PPAP』を12月7日に発売する。同曲で世界的なブレイクを果たし、17日に発表された『2016 ユーキャン新語・流行語大賞』(現代用語の基礎知識選)のノミネート30語にも「PPAP」が選出されたが、当の本人は「正直、まだ実感がなくてフワフワしています。この前、台湾に行った時にレディー・ガガかっていうくらい歓迎してもらって、ようやくちょっとブレイクを消化しているところですね」と驚きを隠せない様子だ。

【写真】意外とカワイイ? ぶりっ子ポーズを披露するピコ太郎

 同曲を初めて披露したのは、5年前の古坂大魔王の単独ライブだったといい「その時にゲストとして1曲歌いました。その後のライブでも反応が良かったので、今年の頭くらいから動くかという話をしました」と説明。「古坂さんは、もともとドリフターズさんとかとんねるずさんといった、お笑いと音楽をやっている人に憧れを持っていて、日本の笑いや音楽やお祭りの魅力を世界に伝えたいと思っていた。なので『ピコ太郎、ありがとな』と感謝されましたね」と反響の大きさを喜んだ。

 曲の短さにもこだわりがあったようで「1分以上になると飽きちゃって、作れないというのもあるんですけど、短い曲で評価されたのがものすごくうれしい。一般的な曲は5分くらいあって、感情を揺さぶるにはそれくらい必要だと思うのですが、僕の場合は、頭にドンといって、ひと盛り上がりあればいいと思っているので、短距離走で言えばベン・ジョンソンタイプ。いつかは、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデンを貸し切って、10曲をたった10分で歌いきって、ステージを降りたいですね」と笑わせた。

 年末の紅白歌合戦出場も期待されているが「夢は紅白、サマソニ、グラミー賞ですので、呼んでいただけるのであれば、いつでも行きたい。ただ曲が1分くらいしかないので、しゃべりにリズムをつけて、なじませたいと思います」とにっこり。芸人キラーの異名をとる黒柳徹子のトーク番組『徹子の部屋』への出演について質問されると「徹子さんがNHKで1人3役をやっている頃から知っていたので、ぜひ出てみたい。僕の架空のペンで、徹子さんのオニオンを刺してみたいです」と意欲を見せた。

 ブレイクと引き換えに"一発屋"となってしまうことを懸念されるも「つまりは当てたということですから、そのワードは光栄です。それもこの規模ですので、スゲーありがたいですね」と前向き。今回のアルバムには「PPAP」のアンサーソング「カナブンブーンデモエビインビン」を含めた、全25曲が収録されているが「僕自身、これはお祭りだと思っているので、このお祭りを長く続けられるような努力をしていきたいです」と言葉に力を込めていた。