安達祐実、『相棒』で女優業再開 第2子出産後初のドラマ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日系人気ドラマ『相棒season15』第7話(11月23日放送)にゲスト出演する安達祐実。出産後初ドラマはシングルマザー役(C)テレビ朝日

 女優の安達祐実が、7月に第2子出産後、女優業復帰作としてゲスト出演したテレビ朝日系人気ドラマ『相棒season15』(毎週水曜 後9:00)の第7話「フェイク」がきょう23日放送される。安達は「産休と育休を合わせて8ヶ月間お休みをいただきましたが、人生を通して仕事を休むことに慣れていないもので、早く復帰したいという思いがありました」と職業病ともいえる本音を覗かせた。

【場面写真】杉下右京、冠城亘と対峙するシーン

 今回、安達が演じるのは、パート勤務で息子と二人暮らしの生計をようやく立てているシングルマザーの高木美奈子。息子が誘拐事件の巻き添えになり命を落とすという悲劇に見舞われるが、どういうわけか一人になった美奈子は「みんな馬鹿ね…」と口にしながら不敵な笑みを浮かべる。美奈子は本当に被害者の母親なのか? それとも…。

 「出産後初のドラマ出演が『相棒』に決まり、本当に光栄に思っています」と、撮影に臨んだ安達。「テレビでずっと見ていた作品ですし、休業明けということでちょっとドキドキしましたが、現場では『あっ右京さんだ!(笑)』と、いち視聴者としての感動も味わいながらやらせていただきました」と振り返った。

 「久しぶりの現場では、『やっと』という気持ちと同時に、前と同じペースを取り戻すのはなかなか難しいなと感じました」と感想をもらしていたが、特異な状況に追い詰められた母親の複雑な精神状態を巧みに表現。冠城亘(反町隆史)だけでなく、杉下右京(水谷豊)も惑わされる“怪演”を見せる。

 「水谷さんとは、映画『王妃の館』(2015年)以来の共演です。今回はあまりご一緒のシーンがなくさみしかったですが、相変わらず優しく話しかけてくださったのが心に残っています。反町隆史さんとは約20年前、私が中学生のころに同じ番組に出させていただいたことがあります。『相棒』では明るくお茶目な亘さんを演じていらっしゃいますが、反町さんご本人も明るく盛り上げるように私に接してくださったので、うれしかったです」と話していた。