『ハリポタ』最新刊が2週連続総合1位 『ファミマガ』1号限定復活号はTOP10

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(静山社)(著)J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン/(訳)松岡佑子

 人気シリーズ「ハリー・ポッター」の最新作『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン著 松岡佑子訳 静山社 11月11日発売)が週間17.5万部(累積49.2万部)を売り上げ、11/28付オリコン週間"本"ランキング(集計期間:11/14~11/20)総合部門にあたる「BOOK部門」で2週連続1位を獲得した。

【予告編】J.K.ローリング氏新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』映画化

 8年ぶりのシリーズ最新作となる同書は、ローリング氏が書き下ろした新しいストーリーをもとに、今年7月に英ロンドンで上演された舞台劇の書籍化したもの。今月23日からはローリング氏が脚本を書き下ろした映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開され、映画との相乗効果も期待される。

 BOOK部門3位には、ゲーム攻略本『ポケットモンスター サン・ムーン 世界最速攻略ガイド』(監修:ポケモン 小学館 11月18日発売)が週間売上5.4万部でランクイン。また、1985年創刊のゲーム情報誌『ファミリーコンピュータMagazine』(通称:ファミマガ)が1号限りの復活を果たした『ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータMagazine』(徳間書店 11月14日発売)が週間売上2.1万部で10位に食い込み、ゲーム関連書籍2作が存在感を示した。