MAG!C☆PRINCE、思い出のセントレアで点灯式「負けないくらい輝きたい」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
東海地区発イケメングループMAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)『Centrair Sky Illumination』点灯セレモニーに登場

 東海地区を中心に活動するボーイズグループ・MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス、通称マジプリ)が23日、愛知・中部国際空港で行われた『Centrair Sky Illumination』点灯セレモニーに登場し、美しいイルミネーションとパフォーマンスで集まった約1000人のファンを魅了した。

【別カット】点灯セレモニーに登場したMAG!C☆PRINCE

 リーダーの平野泰新は、2015年に行われたオーデション会場が同所であったことから「セントレアにはそういう思い入れがあるので、そんな場所で点灯式を行えて、とてもうれしく思います」と大喜び。ファンとともにイルミネーションを堪能し、「こんなにゆっくり眺められたのは初めてです。とてもきれいで感動しました。チアーズ(ファンの呼称)の皆さんとすてきな景色を共に楽しむことができたのも、とてもいい思い出になりました」と満足げに語った。

 結成前から同所のイルミネーションをよく見に来ていたという大城光は「僕の中では『イルミネーションならセントレア!』と言えるくらい思い出が多い場所です」といい、「イルミネーションで輝きをさらに増したセントレアにいると、僕たち5人も負けないくらい輝きたい、世界を股にかけるくらい大きな存在になりたいと改めて思います!」と気を引き締めていた。

 MAG!C☆PRINCEは7月にセントレア「旅」プロジェクトPR大使に就任している。