椿鬼奴が悪役で出演 『劇場版 ウルトラマンオーブ』来年3・11公開

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の⼒、おかりします!』2017年3月11日公開(C)劇場版ウルトラマンオーブ製作委員会

 お笑い芸人の椿鬼奴が、ウルトラマンシリーズの映画最新作『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』(来年3月11日公開)に悪役・邪悪な宇宙魔女賊ムルナウ役で出演することが23日、明らかになった。

椿鬼奴のプロフィール

 今年7月からテレビ東京系で放送中の『ウルトラマンオーブ』(毎週土曜 前9:00)が映画館のスクリーンに初登場。闇のアイテム・ダークリングの力で地球を宝石に変えようと企む闇の宇宙人軍団を相手に、オーブが大激闘を繰り広げる。かつてない地球の危機に、ウルトラマンゼロとウルトラセブンも参戦。地球の未来をかけた史上最⼤の決戦がついに始まる。

 歴代42人目となるウルトラマンオーブは、ウルトラマンをはじめ、ウルトラマンタロウやウルトラマンティガら歴代ウルトラ戦士のパワーを借りて、特性の異なるさまざまな姿にタイプチェンジし、次々に現れる怪獣たちと戦っている。

 今回の映画では、宇宙で最も邪悪な⼼を持つ者のもとを巡り、持ち主の能力を増幅させるダークリングを、美を愛し、美しいものを宝石にしてコレクションする邪悪な宇宙魔女賊ムルナウが手に入れたことから、地球はかつてない危機にさらされる。

 ムルナウは、すでにギンガとビクトリーを宝石に変え、新たなターゲットとして地球を宝石化しコレクションに加えようとする。その裏では何事かを企むオーブの宿敵・ジャグラス ジャグラーが暗躍していた。ムルナウの率いる極悪宇宙人軍団の前に、エックスさえも宝石にされてしまう。

 オーブは、新世代(ニュージェネレーション)ヒーローズ(ギンガ、ビクトリー、エックス)を救い出し、ムルナウを倒すことができるのか。最後の望みは、仲間を信じる熱い心、“絆の力”がオーブに「トリニティフュージョン」という究極の力をもたらす。

 出演は、ウルトラマンオーブ/クレナイガイ役の石黒英雄、夢見ナオミ役の松浦雅、早見ジェッタ役の高橋直人、松戸シン役のねりお弘晃、ジャグラス ジャグラー役の青柳尊哉、SSPのキャップ・ナオミの叔父・渋川一徹役の柳沢慎吾、ウルトラマンエックス/大空大地役の高橋健介、ウルトラセブン/モロボシ・ダン役の森次晃嗣ほか。

 全国の上映劇場(一部劇場を除く)、ウルトラマンのオフィシャルショップやイベントの一部で、12月10日より、数量限定オーブオリジン指人形キラキラVer.付き親子ペア前売券(2000円)を発売 。プレゼントは無くなり次第終了。プレゼントは親子ペア券1枚につき1個。

■公式サイト
http://m-78.jp/orb/movie/