熊切あさ美『しくじり先生』登場 本命になれない「重い女だった」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
熊切あさ美が11月28日放送の『しくじり先生』に登場。“重い女”すぎてしくじっちゃった過去の恋愛を告白(C)テレビ朝日

 タレントの熊切あさ美(36)が、テレビ朝日系人気バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に登場。28日放送の3時間スペシャル(後7:00~9:48)で、“重い女すぎて幸せを逃しちゃった先生”として、恋愛でしくじった実体験から得た教訓を語る。

【写真】肩出しワンピで…「ベスト傾奇ニスト2016」を受賞した熊切あさ美

 熊切は、1998年、18歳でアイドルグループ「チェキッ娘」のメンバーとしてデビュー。グループ解散後は“崖っぷちアイドル”として活動してきた。そんな彼女が世間の注目を一身に浴びるようになったのは2013年、歌舞伎俳優・片岡愛之助との交際宣言から。ところが、15年には破局報道。そして今年、愛之助は藤原紀香と結婚した。

 これまで幾度も恋愛チャンスがあったにもかかわらず結婚にたどり着くことができなかったのは、「自身が“重い女”だったから」と自己分析する熊切。授業では、学生時代からの恋愛を振り返りながら、どのようにして重い女になっていったのかを自ら解説する。超恋愛体質だという熊切がやらかした、相手を追い詰める重~い行動とは!? 誰の本命にもなれなかった熊切が、過去の恋愛と向き合ってようやく気づいた教訓とは?