【紅白】AKBが“紅白版”総選挙!? 視聴者投票で48人を選抜 横山「震えが止まらない」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『第67回NHK紅白歌合戦』に出場するAKB48 (C)ORICON NewS inc.

 大みそかの『第67回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が24日、発表され、初出場組の記者会見にAKB48の横山由依、渡辺麻友ら5人が登場した。

【紅白特集】今年の出場者一覧 会見フォトギャラリーも

 NHKサイドから「初出場の皆さんにエールを送ってください」と言われて登場したという横山は「私たちじゃエールを送れないんじゃないかと不安に…」と困惑顔。総合司会の武田真一アナウンサーが「その不安は的中です」と切り出すと、本番のステージに立つ48人を視聴者投票で決める「AKB48 夢の紅白選抜をみんなで選ぼう」企画を発表した。

 今年AKB48グループで出場するのはAKB48ただ1組。国内5グループ(AKB48、SKE48、NMB48、HKT48、NGT48)の300人以上の全メンバーが、紅白の公式サイトで「今年かなえた夢」を発表。視聴者はそれを受けて、どのメンバーが紅白選抜にふわさしいかを公式アプリもしくはデータ放送を使って投票する。

 事前に全く聞かされていなかったメンバーは目を白黒させ、渡辺は「じゃあ出られない可能性があるってことですか? 残酷すぎません?」と眉をひそめ、AKB48グループ総監督の横山は「あまりにも驚きすぎて頭が真っ白なんですけど…。AKB48は出られても、自分が出られないかもしれないという恐怖心がすごいです。ステージに立てないかもしれないと聞いて、震えが止まらないです」と本音を漏らした。

 しかし、数々の試練を乗り越えてきたメンバーとあり、渡辺は「年末まで争わなきゃいけないのかと憂鬱なんですが、総選挙のリベンジで1位とりたい」と気を取り直し、横山も「総選挙は11位でTOP10を逃しているので、絶対に選抜に入りたいですし、総選挙では言ったがことなかったですけど、1位を目指したいと思います」と自らを鼓舞した。

 紅白の制作統括を務める矢島良チーフプロデューサーは会見後の囲み取材で「今年は『夢を歌おう』がテーマ。夢をかなえるような企画を番組内で作りたいと思い、“夢の紅白選抜”というものができたら」と企画意図を説明。「ご本人たちにはご説明していなかったので、ああいう言葉(総選挙)になってしまったのですが、我々は総選挙とは一線を画していて、あくまでも紅白版の夢の選抜を作りたいという思いです」と話した。

■スケジュール
12月上旬 全メンバーのリスト、「今年叶えた夢」を紅白公式サイトに掲載
12月8日 アプリ「NHK紅白」で投票受付スタート
12月中旬 中間発表→データ放送で投票受付スタート
12月29日 選抜メンバー48人発表 ※順位は発表せず
12月31日 紅白の生放送内で順位発表