【紅白】宇多田ヒカル、“生歌唱”で初出場へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『第67回NHK紅白歌合戦』に初出場する宇多田ヒカル

 大みそか恒例の『第67回NHK紅白歌合戦』(後7:15~11:45 総合)の出場歌手46組が24日に発表され、今年4月にNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌「花束を君に」で約5年ぶりに音楽活動を再開させたシンガー・ソングライター、宇多田ヒカルが“生歌唱”で初出場することが決定した。

【紅白特集】今年の出場者一覧 会見フォトギャラリーも

 宇多田はこの日、東京・渋谷のNHKで行われた初出場者の会見には出席せず、コメントも発表しなかったが、宇多田のスタッフが「第67回NHK紅白歌合戦への初出場が決定。生歌唱で出演します」とツイートした。

 会見後、今年の紅白の制作統括を務めるNHK制作局エンターテインメント番組部の矢島良チーフプロデューサーが囲み取材で「生放送でご出演いただけるというところでご快諾いただいています」と収録ではなく、生放送での出演になることを明言。中継の可能性を聞かれると、「これから検討させていただきます。今の段階で決まっていることは、生放送でご出演いただけるということだけです」と強調した。

 宇多田は再始動以降、NHK『SONGS』をはじめ、音楽番組や情報番組に収録で出演しているが、生放送でのテレビ出演となれば復帰後初となる。