おぐねー、GENKING以来の新恋人告白 20歳年下の“織田裕二似”男性

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
新恋人の存在を明かした小椋ケンイチ (C)ORICON NewS inc.

 人気ヘアメイクアーティストの“おぐねー”こと小椋ケンイチ(48)が24日、都内で行われた『モエ クリスマス マルシェ』のオープニングセレモニーに出席。報道の囲み取材に対応し「同棲を始めた。来年までに続いていればいいな」と新恋人の存在を明かした。

【全身ショット】普段と違う?真っ赤なドレスで登場した松本薫選手

 過去にはタレントのGENKINGとの交際していたことが話題となっていたが、今回のお相手は「GENKING以来の恋人」だという。「20歳年下で織田裕二さん似です」と明かし「男同士のカップルがいたら温かい目で見守って。たまには外に出たいのよ。まだ新宿以外は難しい。丸の内は、お酒も飲めてイルミネーションもあって、あまり来ないシチュエーションに興奮します」と話した。

 セレモニーには、今月1日に大学時代から8年間交際していた料理人の男性と結婚したリオデジャネイロ五輪柔道女子57キロ級銅メダリストの松本薫(29)選手も出席。普段の柔道着から一転、赤のロングドレス姿で幸せオーラ全開。

 慣れないドレス姿に「恥ずかしい。きょうは“脱野獣”でメイクをしてもらいました。(夫も)多分、褒めてくれると思う」と照れ笑い。メイクアップを担当したおぐねーは「柔道家のメイクを担当したのはヤワラちゃん(谷亮子)以来。幸せいっぱいの薫ちゃんは、内側からピンク色が溢れてメイクが自然な感じになった」と絶賛していた。

 人気シャンパン「モエ・エ・シャンドン」を楽しめる同イベントは、きょう24日から12月25日まで東京・丸ビル外構部にて開催される。松本も「入籍したばかりなので彼と一緒に行きたいな」とのろけながらアピールしていた。