アニメ映画『SING/シング』 動物たちが舞い踊るクリスマス特別映像

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
映画『SING/シング』のクリスマス特別映像が公開 (C)Universal Studios.

 『ミニオンズ』や『ペット』を生み出した、ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントのスタッフによる新作アニメーション映画『SING/シング』(2017年3月17日公開)。1ヶ月後に迫ったクリスマスを前に、動物たちが舞い踊る特別映像が到着した。

【動画】『SING/シング』最新予告編

 物語の舞台は、動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界。大切な劇場を立て直すために、コアラのバスター・ムーンは、たくさんの動物たちに向けた"歌のオーディション"を思いつく。

 劇中では、声優を務めるマシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリーら人気俳優たちが歌声を披露する。

 公開された特別映像は、赤と緑のクリスマスカラーの華やかな衣装に身を包んだ動物たちが、巨大なクリスマスツリーがそびえるスケート場で、軽やかにアイススケートを楽しむ姿が収められている。

 かわいらしい子どもの歌声で冬の定番曲「そりすべり(原題:Sleigh Ride)」に誘われ、思い思いにスケートに興じていると、常にパーティー気分の陽気なグンター(ブタ)が突如楽曲を変更。ケリーが歌う、テイ・トウワの参加していたディー・ライトの楽曲「グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート」が流れると、スケート会場がダンスホールへと様変わり。ボルテージの上がった動物たちが流れるようにアイスダンスを楽しみ、最後はムーンを中心に息の合ったキメポーズを披露する。

■『SING/シング』クリスマス特別映像
https://www.youtube.com/watch?v=Kq1_s3zTdJ0