【発売前に飲んでみた!】2つの表情!スタバのホリデー限定“焼きりんご”ドリンク

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スターバックスのホリデービバレッジ第3弾は“焼きりんご”をモチーフ! (C)oricon ME inc.

 12月1日から登場する、スターバックス コーヒーのホリデービバレッジ第3弾『ベイクド アップル ラテ』と、『ベイクド アップル フラペチーノ』。どちらも“焼きりんご”をイメージしたドリンクでありながら、異なる味わいが楽しめる。この冬だけのデザートドリンクを、ひと足先に飲んでみた。

【写真】ミルクベースのフラペチーノにはりんご果肉がたっぷり

 2つのうち、デザート感覚で飲めるのが『ベイクドアップルフラペチーノ』。ホイップクリームの上のベイクドアップルソースとクリームブリュレパウダーが、まさに焼きりんごのスパイシーな香り。飲んでみると、ワイドストローギリギリで通る大きさにカットされたりんご果肉の、シャキシャキとした食感に驚く。重さでカップの下に果肉がどんどん下がっていくため、混ぜて果肉を楽しみながら飲み進めるのがおすすめ。このりんご果肉を使ったカラメルアップルチャンクは、砂糖でカラメリゼしているので、果肉感だけでなく甘さと香ばしさも感じられる。100円で増量が可能なので、このままでも充分果肉感を楽しめるが、プラスすればさらに贅沢な味わいに。

 ミルクやコーヒー不使用で、アップルジュースをベースにした『ホット ベイクド アップル』。りんごの味わいをギュッと詰め込んだホットドリンクとなっている。こちらもカップを近づけると、クリームの上にたっぷりかかった、ベイクドアップルソースがふんわり香る。皮ごとすり潰したりんごを混ぜているから、りんごの風味がしっかり感じられる。焦がしバターとブラウンシュガーでこっくりとしたコクもプラス。ミルクが加わっているフラペチーノに対し、ホットは「アップルサイダー」をイメージしているので、全体的に爽やかな味わいとなっている。

 冬の定番スイーツ“焼きりんご”をモチーフにした、同社オリジナルの2つのドリンク。ホット、フラペチーノの味わいの違いを楽しんでみて。

【商品詳細】
『ホット ベイクド アップル』
税抜価格:Short 420円、Tall 460円、Grande 500円、Venti 540円
『ベイクド アップル フラペチーノ』
税抜価格:Tall 540円 ※Tallサイズのみの提供
販売期間:2016年12月1日~12月25日
取扱店舗:全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)
※なくなり次第終了