自撮りオーディションGPは愛媛の15歳・岡本莉音さん 益若苦笑「目標は菜々緒さん」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
グランプリの岡本莉音さんと祝福する益若つばさ (C)ORICON NewS inc.

 モデルの益若つばさや近藤千尋が所属する芸能事務所・エイジアプロモーションが、自撮り写真を用いて行ったオーディション『エイジアグループ Presents セルフィーオーディション2016』の最終選考が27日、都内で開催され、応募総数1万1613人の中から愛媛出身の中学3年生・岡本莉音(おかもと・りおん=15)さんがグランプリに輝いた。

【写真】益若つばさが「オーラに引きつけられた」と絶賛

 岡本さんは「まさか自分がグランプリをいただけるなんて思わなかったので、すごくうれしいです」と笑顔。益若ら先輩モデルが隣で見守るなか、目標として菜々緒の名前をあげて苦笑させたが、「誰もが知っているモデルさんになりたい」と目を輝かせた。

 審査に携わった益若は「意見が割れるくらい素敵な方が多いなか、パッと輝くオーラに引きつけられた。こんなにかわいいのに、審査では渡辺直美さんの物まねをした度胸もすごい。ギャップに惚れました」と絶賛。報道陣のリクエストに応えて、囲み取材中にもビヨンセを踊る渡辺の物まねを披露した。

 同オーディションの第1次審査は、自撮り動画アプリ『egg』の専用フィルターでセルフィー(自撮り)を撮ってLINEで送るという今の時代らしいフォーマットで行われ、その後ウェブ書類審査、面接審査などが行われた。グランプリ受賞者は同社にタレントとして所属するほか、賞金100万円が贈られる。

 会場には益若、近藤、黒坂莉那が登場。審査員特別賞は静岡出身の専門1年生・渥美華奈さん(18)、静岡出身の小学6年生・鈴木月(るな)さん(12)、京都出身の中学2年生・照井江和(こごみ)さん(13)が選ばれた。