単独事故で役立つ「自損事故保険」 使用前に知っておくべき3つの注意点

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「自損事故保険」の補償はどのようなものなのか? 注意点とあわせて紹介する

 任意の自動車保険には、「自損事故保険」という保険種目がある。証券などにも記載があるが、この保険の補償はどのようなものなのか? 注意点もあわせて確認していこう。

知って得する【自動車保険】 人身傷害補償の「保険料」3つの節約術

■自損事故保険とは?

 自損事故保険は、通常、任意の対人賠償保険などに自動的に付帯される。補償内容は一般的に、1事故につき1名に対して死亡時1500万円、後遺障害時50~2000万円。医療保険金は入院1日につき6000円、通院1日につき4000円で、合計100万円を限度としている。

 この保険を使えるのは、自損事故のみ。例えば「カーブを曲がりきれずガードレールに衝突」「わき見運転で電柱に衝突」といったケースが挙げられる。車両の補償とは全く別物で、運転者や同乗者のケガを補償する保険だ。

■知っておくべき注意点

 死亡時に1500万円の保険金を受け取れるので、それなりに心強い補償ではあるが、実は様々な制約がある。

・単独事故であることが適用条件

 相手(車)がある事故の場合、自損事故保険からは保険金を受け取れない。過失割合に応じて相手の対人賠償保険などから支払われることになる。

 また、単独事故のなかでも、飲酒運転や違法薬物使用時の運転による事故で使うことはできない。無免許運転や故意による事故(自殺など)も同様だ。

・自賠責保険から保険金が支払われない場合に使える

 加入している自賠責保険から保険金を受け取れないことも条件となる。運転者や運行供用者(※)は自賠責保険の補償対象外なので、適用可能だ。

・人身傷害補償保険からの支払いが優先される

 上記を満たしていても、人身傷害補償保険に加入している場合はこの保険から優先的に保険金が支払われる。いずれかを選ぶことはできない。

 自損事故保険は、入院や通院時に日額で保険金支払いを受けられるのが頼もしい。だが、安易に利用すると、翌年の等級が事故有かつ3等級ダウンになってしまう。つまり、翌年の保険料が大幅アップするということだ。軽度の自損事故なら、自己負担で保険を使わないという選択も考えるべきだ。

※「運行供用者」とは、「自己のために自動車を運行の用に供する者」のこと。例えば、妻が夫を車で最寄り駅まで送った際は、夫がこれに該当する

(文/西村有樹)