冬アイス、今年のトレンドは“サンド系”

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
セブン-イレブンから“サンドアイス”が続々登場 (C)oricon ME inc.

 真冬に暖かい部屋の中で食べるアイスクリームは格別おいしく感じるもの。セブン-イレブンではそんな“冬アイス”の新商品7アイテムを、30日より随時販売する。なかでも、マカロンやラムレーズンサンドをアイスにしたものや、コールド・ストーン・クリーマリーとのコラボアイスなど、ワンハンドで食べられる“サンドアイス”が続々登場。この夏の“サンドスイーツ”ブームに引き続き、冬アイスのトレンドといえそう。

【写真】ピンクカラーがキュートなマカロンアイス

 発売に先駆け、24日に行われた同社の「冬アイス試食体験会」では、新商品7アイテムがお披露目された。キュートな見た目の『セブンプレミアム フランボワーズマカロンアイスクリーム』は、外はサクサク、中はしっとりというマカロン生地の開発に1年半以上もかかったというこだわりのアイス。食べてみると、フランボワーズの甘酸っぱさが広がる柔らかくてもっちりとしたマカロン生地と、濃厚なバニラアイスの甘さがマッチ。マカロンをそのままアイスにしたかのような、ちょっとリッチな気分が味わえるアイスになっている。

 ラム酒が効いた大人味の『セブンプレミアム ラムレーズンサンドアイス』は、アイスとクッキーが口の中で一緒になくなる口どけにこだわったという。バター風味豊かなクッキーがしっとりしていて、口の中に広がるバターのコクとラムレーズンアイスの味わいが楽しめる。『コールドストーン サンドアイス』は、アイスと相性の良いオリジナルクッキーを開発し、アーモンドプラリネやローストピーカンナッツを混ぜ込んだ食感豊かなアイスをサンド。キャラメルソースをアクセントにした、焦がしキャラメル風味のビターな甘さが印象的なアイスになっている。

 そのほかにも、『セブンプレミアム ブルーベリーチョコレートバー』や、『ジョエル・ロブション <ショコラアイスバー/ストロベリーアイスバー>』など、おいしさをグレードアップさせたリニューアル商品も登場。この冬をさらにおいしくしてくれそうな注目アイスが出揃った。

 体験会では、アイス評論家のアイスマン福留が同社の人気アイスを使ったアレンジレシピも紹介。『セブンプレミアム まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイス』に飲むヨーグルトを合わせたアレンジや、同社で最も売れているアイス『セブンプレミアム ワッフルコーンミルクバニラ』にメープルシロップとクルミ、はちみつをトッピングしたレシピなどを披露。ひと手間加えることで、スイーツのように楽しめる“アイス術”をお披露目した。

 年々、売り上げを伸ばしているというアイス市場。今年の冬は、食べやすくておいしさにもこだわった“サンドアイス”を楽しんでみては。

【商品詳細】※すべて税込
『セブンプレミアム フランボワーズマカロンアイスクリーム』(228円/12月7日発売)
『セブンプレミアム ラムレーズンサンドアイス』(213円/12月7日発売)
『コールドストーン サンドアイス』(264円/12月21日発売予定)
『セブンプレミアム ブルーベリーチョコレートバー』(199円/11月30日発売)
『濃厚生チョコ芳醇ショコラ』(228円/12月7日発売)
『セブンプレミアム チョコレートバー』(189円/12月14日発売)
『板チョコ好きのアイス』(178円/12月14日発売)