大みそかのTBSで魔娑斗VS五味隆典のカリスマ対決実現 バルサのMSNトリオも登場

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大みそかのTBS系『KYOKUGEN』で対戦する魔娑斗(左)と五味隆典(右) (C)TBS

 TBSは25日、今年の大みそかにスポーツバラエティー『史上最大の限界バトル KYOKUGEN2016』を放送することを発表した。午後6時から5時間半にわたり、超豪華アスリートが集結して熱いガチンコバトルを繰り広げる。

【昨年の闘い】魔娑斗が現役復帰し山本KIDと対戦

 今年の注目の極限対決として、夢の格闘技ビッグマッチが決定した。昨年の大みそかに6年ぶりの復活を果たし、因縁のライバルである山本“KID”徳郁との再戦に勝利した元K-1世界王者の魔娑斗が、今年もリングに立つことを決断。対戦相手は、かつて日本で大ブームを巻き起こしたPRIDEで初の日本人王者に輝き、現在も世界最高峰の格闘技団体・UFCで奮闘する五味隆典選手。かつて、多くの格闘技ファンが夢見ながらも実現することがなかったドリームマッチが、今年の大みそかに実現する。

 かつて日本に格闘技ブームを作ったK-1とPRIDEのリングで、ともにカリスマとして輝いた魔娑斗と五味。対戦が望まれながらも決して交わることのなかった同い年の2人が、約10年の時を経て、ついに相対する。魔娑斗はこの戦いに向けて夏頃から練習をスタートさせ、スパーリングを重ねて己の体を極限まで追い込んでいる。一方の五味もトレーニングに没頭し「俺の格闘技人生の中でやり残したことといえば、魔裟斗と戦うことだけ。バチバチに打ち合って大晦日を盛り上げたい!」と闘志をみなぎらせている。

 ルールは昨年の魔娑斗VS山本KID戦同様、K-1ルールの3分5ラウンド。判定なしで決着はKOのみの“極限ルール”で行われる。

 そのほか、サッカー界の最強チーム「FCバルセロナ」からメッシ、スアレス、ネイマールの最強トリオ“MSN”の参戦も決定。メッシ&スアレスコンビは中村俊輔&遠藤保仁コンビと、ネイマールは岡崎慎司と対決する。

 また、野球界からは米・メジャーリーグのヤンキースの田中将大投手&ドジャーズの前田健太投手の「極限コントロール対決」も決定し、ボクシング世界タイトルマッチなど豪華アスリート対決が決定している。

 昨年に続き総合MCはビートたけし、MCは爆笑問題が務める。